お読みいただいた皆さんからの声(7)

事務局の金子(J)です。

不登校に悩んでいる人に、是非とも
おすすめしたい一冊として――。

僕がことあるごとに紹介している本にして
価値観のコペルニクス的転換になった本、

それが
『子どもを信じること』
という本なのですが、

大変うれしいことに!

著者である田中茂樹先生から
先月発行した不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』Vol.3号を
お読みになってのご感想をいただきました。

もう、不登校という切り口を大きく超えて、人間ドラマになっていってますね。
彼ら彼女らは皆たくましい。
強さを持っているからこそ、たたかれ、居心地の悪さがあり(日本におさまれない人も多い)。
ただただ、すばらしいです。
医師・臨床心理士 田中茂樹さん

田中先生、本当にありがとうございました。

その他、さっそくVol.3号を
お読みになった方々からも
続々と嬉しいご感想をいただいています。

ご紹介しますね。

Rさん ★★★★★

――ひと言で言うとどんな冊子でしたか?

何の飾り気もないストレートな言葉達が心に刺さり、自分の人生を振り返ることができました。
涙が止まらない…。

――どんな点が印象的でしたか?

杉並不登校親の会Chat Cafeの秋永麻里さんの壮絶な親子関係が、自身の経験(子どもとバトルしたこと)と重なり、息をのんで読みました。

また昼間の塾フレップの朴未来さんの「しなくていい苦労」「耐えた」経験は、自分も似たような経験をしたのでとても共感しました。

――どのような方にお勧めたい冊子でしたか?

不登校とか関係なく、みんなに読んでもらいたいです。
いい言葉がたくさんあるので。線を引きながら読むのがおすすめです。

 

phonkichiさん ★★★★★

――ひと言で言うとどんな冊子でしたか?

人生はいろいろあって当たり前ということを教えてくれる本。

――どんな点が印象的でしたか?

海老原千紘さん:
「私立中学に編入してガチガチに緊張して…頑張っちゃう感じも、まだ元気がなかった証拠なんじゃないかと…」
今後の息子にもこのような時があるんじゃないか、と参考になりました。

コラム・祝婚歌:
この詩をすべての学校で子どもたちに教えてほしい。私も肝に銘じます。

秋永麻里さん:
息子さん3人を親子ともギリギリの精神状態の中で育てられた、このような方に「道は続いている」と言われると、力をいただいた気持ちになる。

――どのような方にお勧めたい冊子でしたか?

人間が生きていくということは簡単なことではなく、いろんなことがあって当たり前。
いろいろあって当たり前ということをまだご存知ない方や、いろいろあることが問題行動と考えておられる、子どもと接する機会の多い大人に読んでもらいたい。

 

翔ちゃんのパパさん ★★★★★

――ひと言で言うとどんな冊子でしたか?

中二の不登校の娘をかかえ「なぜ、どうして、どうしたらいいのか」とこの二年間、自問自答に明け暮れていました。
体験談を読み、日本のどこかに同じ問題で悩んでいる親御さんがいるんだ、と孤独な自分にも少し勇気が湧いて来ました。

――どんな点が印象的でしたか?

全体的に温かい本でした。
いつも優しいお手紙も頂き、自らの励みになります。

――どのような方にお勧めたい冊子でしたか?

自分と同じ立場の親御さん、そしてなにより自分の娘に読ませたいです。

 

ヨーデルさん ★★★★★

――ひと言でいうとどんな冊子でしたか?

気持ちが晴れる冊子です。
大人も子どもも気持ちの在り方次第で、青空でいられることもできれば、大雨で動けないこともあります。
でもそれ全てがありのままでいられる自分には、大切な学びになっている。そんな気づきに出会える本です。

――どんな点が印象的でしたか?

辛いことも、嬉しいことも、全てがあっての学び。ありのままがどのようなことか、気づかされました。

――どのような方にお勧めたい冊子でしたか?

不登校インタビューではありますが、「生きるとは?」「自分とは?」などの視点の気づきになる。子育てに悩んでいる方、様々な状況におかれている当事者にオススメしたいです。

・・・・・・・・・・

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。

先月末に第3号を発行しました。

お求めは、こちらから。
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol3/

金子(J)

Jプロフィール丸

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.3

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA