学校に行かないと、将来どうなるの?


学校へ行かずにいると、将来どうなるの?

学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

 

もちろん、そこに正解はありません。

世の中の多くのものごとと同じように。

 

でも、いろんな例を見聞きし、知ることができれば、悩みの渦中にいる人の不安を和らげるのにきっと役立つのではないか。

 

そんな思いから、このインタビュー事例集を制作しています。

 

その名も『雲の向こうはいつも青空』。

 

 

不登校・ひきこもりを経験した人、その保護者、子どもたちに寄り添う人、そして自分の学びを実践した人。そんな7人へのインタビュー集です。

 

お読みいただいた方からの声

 

気持ちが晴れる冊子です。

大人も子どもも気持ちの在り方次第で、青空でいられることもできれば、大雨で動けないこともあります。

でもそれ全てがありのままでいられる自分には、大切な学びになっている。そんな気づきに出会える本です。

不登校インタビュー集ではありますが「生きるとは?」「自分とは?」などの視点の気づきになる。子育てに悩んでいる方、様々な状況におかれている当事者にオススメしたいです(ヨーデルさん)”

 

“皆それぞれ悩んでも、無駄ではなく道は続くのだなと思った。

当事者の話が聞けたこと。不登校の時期を通り抜けた後の話を聞けたこと。保護者がどう受け止めて変わっていったか、のお話が興味深かった(くーちゃんさん)”

 

“当事者、保護者、支援者、それぞれの視点での生の声に、共感できたり、ハッとしたり。

学校に行かない選択は有りでも、「その先」への不安は親も当事者も抱えていると思います。この事例集の方々の話は励みになると思います。

行かない・行けない理由は十人十色なので、多くの事例はありがたいです(ずんだちゃんさん)”

 

一人ひとりの軌跡を丁寧に取材

 

書き起こした文字数は7名合計で317,562字――。

もちろん、取材にかけた時間が長ければ良い、というわけではありません。

 

 

一人ひとり、時間をかけて取材する中で出てきた、その人にしか言えない言葉。

振り返ってみての、それぞれの想い。

今になってみて改めて言える、それぞれの経験。

それらをできる限り丁寧に、話し手の経験の奥にある本当の気持ちに寄り添うように、まとめました。

 

悩みの渦中にあるとき、私たちが本当に知りたかったこと

 

 

申し遅れました。びーんずネットと申します。

私たち夫婦は神奈川県川崎市で、お子さんの不登校に悩んでいる親御さんを対象とした様々な活動(セミナーや講座、カウンセリング)をしています。

 

私たち自身も2013年の秋、息子の不登校を経験した親です。

息子の不登校という予期せぬ事態を目の前にして、迷い、悩みました。

 

そして今、振り返ってみて思うのは、悩みの渦中にあるときに私たちが知りたかったことは、誰かのお説ごもっともなアドバイスではありませんでした

安全地帯から無責任に同情してもらうことでもありませんでした

 

私たちが本当に知りたかったのは、見えない将来の不安や迷いの中から”抜けていった人たちの事例”でした

 

悩みの中にいたときに読みたかったもの、あの頃自分たちが本当に欲しかったものを作りたい。

きっとそこにヒントや安心を見出して、勇気付けられる人がいるはずだから…。

 

その想いからこの事例集を作っています。

 

 

ここには、明確なメッセージも具体的なアドバイスもありません。

ここにあるのは、この事例集に登場してくださった7人の、リアルで等身大な言葉と、想いです。

 

悩みの渦中にいる人も、そうでない人にも、きっと沢山の気づきにつながる素晴らしい言葉に出会えるはずです。

 

ページを繰って、ぜひあなた自身でそれを確かめてみてください。

 

この事例集を購入する

 

『雲の向こうはいつも青空Vol.3』内容紹介

 

不登校を予防できる先生になりたい

海老原千紘 看護師

 

 

看護師として急性期病院や緩和ケアの病棟に勤務し、それぞれの患者さんの生と死に真摯に向き合ってこられた海老原さん。

2020年の春からは、中学校の保健室の先生として新たなスタートを切ります。

ご自身が小中学校時代に三度、不登校を経験している海老原さんに、当時の気持ちと不登校生支援への熱い思いを語っていただきました。

 

 

不登校を予防できる先生になりたい

海老原千紘

 

●ショックでストレスが爆発……P.6

 

行きたいのに行けない……P.9

 

●全部受け入れてもらえた経験……P.10

 

 

心にHUG!

加藤優弥 ギャップイヤー

 

 

高校を卒業した後、「ギャップイヤー」という過ごし方を選択して、さまざまな活動に関わりながら、バイタリティあふれる日々を過ごしている加藤優弥さん。

加藤さんは中学三年生の夏、先生との関係や部活動でのあまりにも辛い体験から不登校になります。言葉では言い表せないほどのひどく苦しい時期の心の支えになっていたのは、小さなころから憧れだった自衛隊の存在でした。当時の思い、そして加藤さんが目指すこれからについてうかがいました。

 

 

心にHUG!

加藤優弥

 

ギャップイヤーという選択……P.14

 

●ショックな経験がフラッシュバック……P.17

 

自衛官になる夢が支えだった……P.18

 

●一つでも多くの心にハグしたい……P.20

 

親も子も一個人のままでいられる場を

種岡純也 あらぐさ 教室スタッフ

 

 

神奈川県川崎市にある学びとフリースペース「あらぐさ教室」。

二つ年上のお兄さんが通っていたこともあって、種岡さんも中学生のときにあらぐさに顔を出すようになります。そこで見たのは学校に通っていない子どもたちの、イキイキとした楽しそうな姿でした。

それから二十年。スタッフとして今もあらぐさ教室を支え続けている種岡さんに、あらぐさ教室とのこれまでの歩みをお聞きしました。

 

 

親も子も一個人のままでいられる場を

種岡純也

 

●学校とは全然違う場……P.24

 

●自分の居場所を否定されるのが嫌だった……P.27

 

●自分を一個人として見てくれる場……P.28

 

 

親にしかできない面倒くさいこと

秋永麻里 杉並不登校親の会Chat Cafe代表

 

 

生き辛さを抱え、「死にたい」と繰り返していた次男と、長い苦しみの果てに握手を交わしたエピソードには、お話を聞いていた私も感動で胸がいっぱいになりました。

「必ず道は続いているから。終わりではないから」

秋永さんのその言葉は、長い年月をかけて真摯にご自身と三人のお子さんに向き合ってこられたからこそ生まれたのだと感じます。苦悩と葛藤の十二年間を振り返っていただきました。

 

 

親にしかできない面倒くさいこと

秋永麻里

 

精神科に入院させてほしい……P.34

 

●私はひとつ変わろうとしている……P.37

 

●「お母さん、ありがとう……P.38

 

●穴に落ちても道は続いている……P.40

 

 

 

子どもと向き合うことは自分と向き合うこと

小林由起 フリースクールLargoスタッフ

 

 

幼少期から、そのあまりに強いエネルギーのために周囲とうまくなじむことができない長男。その振る舞いはことごとく問題行動とされ、連日、小林さんは学校に呼び出されます。

親子で追い詰められ、もうすべてを投げ出してしまいたいと思うほどだったことも。

そんな中、息子さんのありのままを受け入れてくれる人と場所との出会いが、小林さん親子の大きな転機になりました。現在は鎌倉市内のフリースクールでスタッフとして活躍されている小林さんに、息子さんとのこれまでの道のりをお聞きしました。

 

 

子どもと向き合うことは自分と向き合うこと

小林由起

 

取っ組み合いの毎日……P.43

 

転機になった出会い……P.44

 

●こんなに安心できるんだ……P.46

 

ガンダーラどっちだ?……P.49

 

子どもたちのSOSをすくいあげたい

朴未来 昼間の塾フレップ代表

 

 

東京都八王子市で不登校の子どもたちが安心して過ごせる「昼間の塾フレップ」を開いている朴未来さん。勉強を教えるだけでなく、子どもたちに寄り添い、個人的な相談を受けることも、学校での面談の場に同席することもあると言います。

「当事者の幸せが一番。そのためにできることをしたい」と力強く話す朴さんの、その思いのもとになった辛い体験。そこから生まれたフレップの現在、思い描く未来についてうかがいました。

 

 

子どもたちのSOSをすくいあげたい

朴未来

 

第三者としての関わり……P.51

 

自由を感じた高校時代……P.52

 

●もうどこへ行っても二度と会えない……P.54

 

理不尽から守ってあげたい……P.56

 

 

ポジティブなものでしか心は浄化できない

Michel クリスタルマジシャン

 

 

プロパフォーマーとして活躍しているクリスタルマジシャンのミシェルさん。実は小学生から高校二年生まで過酷な闘病生活を体験。ほとんど学校に通える状態ではありませんでした。

そして高校二年生のとき、ミシェルさんは単身ニュージーランドへの留学を決断します。数々の困難と障害を超えてきたミシェルさんの今に至る道のりや、当時心の奥底に抱いていた暗い感情まで、ありのままに語っていただきました。

 

 

ポジティブなものでしか心は浄化できない

Michel

 

思い出す感覚……P.61

 

●薬と副作用、そして緊急入院……P.62

 

●単身ニュージーランドへ……P.64

 

無差別にエンターテインメントしたい……P.67

 

 

びーんずネット紹介

 

金子あかね(企画・インタビュー)

 

びーんずネット代表。

2018年春より、親子関係をよくするためのコミュニケーション講座やセミナー、カウンセリングを提供する「びーんずネット」の活動を始めました。

小学3年生のときに不登校になり、デモクラティックスクールを経て現在、通信制高校一年15歳の息子と夫の三人家族です。

川崎市子どもの権利委員会 第7期委員、親業インストラクター、産業カウンセラー、国家資格 キャリアコンサルタント、編集者(季刊誌『青少年問題』)。

 

金子純一(撮影・デザイン・編集)

 

びーんずネット事務局担当として制作、運営などマーケティング全般を担当。息子の不登校を経験する前は、中学の「お受験」を考えるようないわゆる一般的な教育観を持つ父親でした。

 

ご購入特典

<特典1>

送料無料

とにかく一人でも多くの方にお読みいただきたい!

その思いから、送料については無料とさせていただきます。

 

<特典2>

『不登校日記|僕らの場合』プレゼント

 

びーんずネットの金子純一が息子の不登校に悩む間、自分の両親に送り続けたメールをまとめた『不登校日記|僕らの場合』。

計18通のメールは、当時の状況と心境を率直に綴った生々しい記録になっています。

WEBで公開した内容を読みやすいA5版サイズの冊子にまとめ、書き下ろしの前書きと後書きを加えた「非売品」です。

 

『不登校日記|僕らの場合』金子純一:著

非売品

◆A5版 全62ページ(表紙/中面モノクロ)。附録「不登校について語るときに私が語ること」収録。

 

※特典は予告なく終了する可能性もあります。ご了承ください。

 

90日間満足保証

 

気に入らなければ全額返金
しかも冊子を返品する必要もありません

 

もし内容が気に入らなければ、購入から90日以内であれば無条件で返金します。
メール1通いただければすみやかに対応します。
しかも冊子を返品する必要もありません。手元に置いていただいても、処分していただいても構いません。

 

私たちがこの保証をつける理由は2つあります。

 

ひとつには通常の本や雑誌と違い、店頭で実際に中身を確認することができないから、です。届いてみたら「思っていたものと違う」という場合もあるかと思います。

 

もうひとつは内容に自信があるからです。ご満足いただけないものにお代をいただくのは、もとより私たちの本意ではありません。

 

読んでみてしっくりこない、イマイチだった、あるいは読みきれそうにない……

理由はなんでも構いません。その場合には遠慮なく、90日以内にお知らせください。冊子を送り返す手間も費用もかかりません。全額、無条件で返金いたします。

 

◆連絡先:beansnet@beans-n.com

 

 

七人七色の雲と青空

 

不登校・ひきこもりを経験した人。

その保護者。

子どもたちに寄り添う人。

そして自分の学びを実践した人。

 

そんな七人七色の「雲と青空」を、丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、いつも青空が広がっている。

ぜひ、ページを繰って、あなた自身でそれを確かめてみてください。

 

『雲の向こうはいつも青空 Vol.3』

¥ 1000+税

◆B5版 全82ページ(表紙カラー/中面モノクロ)

 

この事例集を購入する

[ 90日間保証 ]もし内容に満足できなければ、遠慮なくお知らせください。90日以内であれば全額返金いたします。

 

7人から読者のみなさんへのメッセージ

 

取材させていただいた7人の方たちに尋ねました。

 

どんな人に読んでもらいたいですか?

その人へのメッセージをください

朴未来

(昼間の塾フレップ代表)

いわゆる不登校になじみのない人にこそ読んでほしいですね。

伝えたいことは、もし不登校の子やその親御さんに出会ったりしたときに、かける言葉を少し考えてみてほしいということです。

やっぱり当事者が幸せなことが一番なので。そのためにできることを私たちはしたいですし、その一助になれたらいいなと思うので。

小林由起

(フリースクールLargoスタッフ)

苦しんでもがいている方に読んでもらいたいです。今見えてる世界じゃない世界もあるってことを伝えたいし、そんなときがあっても光はあるから、あきらめないでいてほしいな、と。

種岡純也

(あらぐさ 教室スタッフ)

すごく軽いですけど、「学校行かなくていいんじゃない」って(笑)。

世間とは違っていいんじゃないって。

あなたたちはあなたたちだし、いいじゃない。それを受け入れてくれる場所に行けばいいじゃん、って感じですよね。

秋永麻里

杉並不登校親の会Chat Cafe代表

どうにもならなかったら、どうにかしないほうがいいと思います(笑)。

私も何回もどうにもならないと思って手放しました。

もうこれ以上やったら自分が崩れる、無理だっていうふうに自分に言ってあげてほしいです。自分を思ってあげてください。崩れるんだったら本当、手放してください。大丈夫。手放しても大丈夫だから。

海老原千紘

(看護師

不登校の子には「今の私の姿を見て」って言いたいですね。

私を見てちょっとでも勇気を持ってくれるといいな。

加藤優弥

(ギャップイヤー)

自分が嫌だと思ったこと、間違いだと思ったことはハッキリそれを伝えていいと思う。周りがどうであれ、伝えることは伝えていいんだよって。恐れなくていいんだよ。

ミシェル

(クリスタルマジシャン)

僕が話した今までのこと、辛いことをまともに受けとめてほしくないんです。エンターテイナーだと思って見てほしい。自分は人生が丸ごとショーだと思ってるんで。

 

ピックアップレビュー

 

 

生き方そのものを見つめさせる

不登校を考えるひなぎくの会代表 烏山佳子さん

 

言葉を噛みしめながら読んでいます。

子どもの立場、親の立場から見る不登校の描写が細かく書かれていて、当事者としての苦しみや、それを超えた気づき——「わかるぅ〜」と感じながら、涙しながら、ゆっくり読んでいます。

みなさんに、是非、読んでいただきたい本です。

不登校とかそういうくくりでなく、生き方そのものを見つめさせてくれる、そんな一冊です。

 

人生が純粋なまま語られている

多様な学びプロジェクト副代表 萩原裕子さん

 

この本の良いところは、言葉が抵抗なくすんなりと心に入ってくるところです。

それは、物事を美化したり、価値観を押し付けようとする思い(不純物)が混じっておらず、その人その人の人生が純粋なまま語られているからだと思います。

用意された正解を求めて読むノウハウ本とは違い、読みながら、自分の中での正解を探し出していく本だと感じました。

そして自分の中での正解も、時と共に移り変わっていくものだと知ることができる本だと思います。シンプルでとても素敵な本でした。

 

人となりが浮き彫りになっている

笑いのたねプロジェクト代表 後藤誠子さん

 

読む前に勝手に想像していたものとは違っていて、最初はアレ?って思ったのですが、読み進むうちに馴染んできたというか。

不登校のインタビュー事例集と聞いたので、不登校のことに特化してインタビューしたのかと思っていたんです。

なぜ学校に行けなくなったのか、いつからか、行けなかったときどうだったか、親のことをどう思ったか、とか……。

でも、そういうことよりも、もっとその人の人となりみたいなものが浮き彫りになっていて、面白かったです。

そして、あ、私にも偏見があった、不登校というものをひとくくりにしていた、と気づかされたんです。

いろんな事情で不登校になって、抜け出し方や理解も人それぞれで。当たり前だけど、みんな違っている。今さら、そんなことに気づかされました。

 

母を想う子の心に涙

ホームスクーリングで輝くみらいタウン プロジェクト代表 小沼陽子さん

 

『雲の向こうはいつも青空Vol.2』を読みました。

これは、不登校・ひきこもりを経験した方、その保護者、子ども達に寄り添う方、そして自由な学びを実践する方、七人にインタビューされて、それをまとめたものです。

インタビューを受けていらっしゃる方は、いわゆる有名人ではなく一般の方で、彼らの心の奥にしまってあった気持ちが素直に表現されていました。

どのお話も私の心に深く刺さり、読みながら涙が溢れました。

私の過去を思い出したり、お話しされている方の気持ちを想ったり……。

最も涙が溢れ出てしまったお話は「かわさきFM ぐるっ人川崎」パーソナリティの山下めぐみさんの体験談です。

高校生の息子さんが学校に行かず、学校から「息子さんが来ていません」という電話があり、でも山下さんにだけは息子さんから「学校行ってないけど大丈夫だよ、お母さん」「大丈夫だから仕事に行って」というメールがきた、という話。

子どもってなんて、優しいんだろう。

どんなに自分が辛くても親を心配する。 

母を想う子の心と、それを想う母親の気持ちに涙がとまりませんでした。

他にも、私もお世話になっている「多様な学びプロジェクト」生駒知里さんのお話も、母として自分と重なる部分が多く、色々な思いが湧き上がりました。

それぞれの方の体験やお気持ちを読み、自分でも気づかなかった深い傷に気づく事があるんですね。皆様にも何か気づきや発見があり、新たな自分に出会えるかもしれません。

 

動画でもご紹介いただきました

 

ご自身も不登校を経験されたユーチューバーのおはるさん。不登校についての明るい情報をどこよりもオープンに発信していく、そんなチャンネルを運営されています。今回、びーんずネットの事例集をお読みいただいた感想をとってもわかりやすく動画でご紹介いただきました。

 

滋賀県草津市で不登校の子の居場所の運営や講演・研修など、子どもの自尊心を育む活動をされているNPO法人D.Live代表の田中洋輔さんも、『雲の向こうはいつも青空』を動画で紹介してくださいました。

 

インタビュー事例集の紹介ではあるのですが、同時に田中さんの不登校についての見方や考えもたっぷり聞ける、とっても内容の濃い動画です。

ぜひご覧になってみてください。

 

『雲の向こうはいつも青空 Vol.3』

¥ 1000+税

◆B5版 全82ページ(表紙カラー/中面モノクロ)

 

この事例集を購入する

[ 90日間保証 ]もし内容に満足できなければ、遠慮なくお知らせください。90日以内であれば全額返金いたします。

 

 

P.S.

1)送料無料、2)冊子「不登校日記」(非売品)の2つの特典をお付けしていますが、特典については今後、予告なく中止する可能性もあります。この機会にお申込みください。

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

Copyright (C) 2020 びーんずネット All Rights Reserved.