トマス・ゴードン博士

トマス・ゴードン講義2

出典:Gordon Training International(http://www.gordontraining.com/)

Thomas Gordon(1918~2002)アメリカの臨床心理学者。シカゴ大学卒業。

同大学大学院で博士号を取得し、5年間教鞭をとった後、カリフォルニア州心理学会長をつとめるなど、臨床心理学者として研究と仕事をする一方、ETI(現GTI)を設立。その会長として親業訓練(PET)、会社など組織内の上司・部下の関係に焦点を合わせたリーダー訓練(LET)、教師を対象とする教師訓練(TET)、青少年のためのプログラム(YET)など多様な訓練プログラムを開発、実施し活躍した。
1998年には全米心理学財団から、長年の心理学の分野での功績に対しゴールドメダルを授与された。

ファミリー2

ゴードン・メソッド(親業)は1962年にアメリカの臨床心理学者トマス・ゴードンが開発した、親のための効果的なコミュニケーション・トレーニング・プログラムです。

原題は「Parent Effectiveness Training(親としての役割を効果的に果たすための訓練)」。カウンセリング・発達心理学、教育学など、いわゆる行動科学の研究成果を基礎にしています。

親子関係を豊かに、温かく健全なものにし、子どものすこやかな成長を実現するために作られたこのメソッドは、世界中の親たちの大きな力になっています。

効果的な「親業」の方法

子どもが不登校になったり、いじめにあったりすると、親や周囲がどう対応したら良いか分からなくなる時があります。

そんな時、たとえ親が子どもを愛していても、子どもは親や周囲から愛されていると実感しにくい場合が多く、子どもは苦しみます。

実は、親が「愛している」と思っていても、子どもが「愛されている」と感じていなければ、その親の愛は子どもに届きにくくなります。

ファミリー

気持ちは伝えることが大事です。お互いの気持ちが通い合えば、子どもは心を開きやすくなります。

子どもの気持ちを聞き、親の気持ちを効果的に伝える「親業」のコミュニケーションの方法は、良い親子関係を築く基礎になります。

講座では、「親業」の概念や内容を、頭で理解するだけでなく、実際に声に出して練習します。

参加者それぞれが親と子どもの役を受け持ち、お互いの気持ちを実感する体験学習や、グループディスカッションをしながら、講座で学んだ方法を日常生活で使えるようにしていきます。

親業訓練一般講座

親業イメージ3

基本のコース「親業訓練一般講座」では、次の3つの基本的な方法を学びます。

1.聞くこと

子どもの気持ちを聞き、自分自身で問題を解決できるように手助けをします。

2.話すこと

親の気持ちや考え方を率直に伝える時、子どもが理解しやすい表現をします。

3.対立を解く

親と子の欲求が対立した時、どちらも納得のいく解決策を見つけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴードンのプログラムには、他にも、教師のための「教師学」、人間関係と自己実現のための「自己実現のための人間関係講座」、介護の場面で使える「看護ふれあい学基礎講座・介護編」などがあります。

(以上、川崎の親子を考える会HPより抜粋)

親業訓練協会HP:http://www.oyagyo.or.jp/

ゴードントレーニングインターナショナルHP:
Gordon Training International (英語)http://www.gordontraining.com/

親業訓練一般講座申込

コミュニケーションは学ぶだけでなく、繰り返し練習することで上達することができます。

この機会にゴードン・メソッド(親業)を学んでみませんか?

2週間に一度、8回に分けて実施しますので、しっかり無理なく、どなたにも親業のメソッドを体得することができます。

親業講座申込はこちら

※受講料は事前振り込みをお願いします(8回分合計 受講料30,000円(税別)+テキスト代1,900円(税別))。
振込先についてはお申し込み時にお知らせします。

※キャンセルについて
講座開始前々日まではキャンセル料は不要です。
前日以降のキャンセルにつきましては、ご返金致しかねますのでご了承ください。

 

セミナー開催「本当の不登校の話をしよう」

|学校に行かないのは、いけないことですか?|

学校は行くべきところ。
多くの人がそう思うからこそ、子どもも親も
不登校という状況に苦しみます。

「不登校を問題行動と判断してはならない」

文科省が正式に
そう通達しているにも関わらず、

”学校へ戻ることが不登校の解決”

という意識が、
家庭でも学校でも社会でも、
まだまだ根強いようです。

しかし不登校の経験は、
親と子が真剣に学びと自立に向かいあい、
新しい地平へとつながる
チャンスをもたらすものにもなり得ます。