大村竜夫さんオリジナル額縁&ポストカードセットのご案内

大村さん額縁

金子(A)です。
今回はびーんずネットにご縁のあるみなさまへ
特別なお知らせです♪

画家の大村竜夫さんオリジナルの額縁を販売します

あなたは、あるがままでいい。
誰かと比べる必要なんてない。
人にはそれぞれの生き方がある。

そんなあたたかく、力強いメッセージを
受け取ることができる絵本
『ひび割れ壺と少年』の絵を描かれた
大村竜夫さんは、小学校五年生から
不登校になり、ほぼ独学で画家の道へと
進まれました。

びーんずネットの不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』では
表紙に大村さんの絵『自由』を
使わせていただいています。

大村さんは数年前から木工作品の制作も
始められたとうかがった私たちは、

木工作業

『雲の向こうはいつも青空』の表紙の
『自由』のポストカードに合わせた特製の
額縁の制作を大村さんにお願いしたところ、
快くお引き受けいただきました。

ご本人手作りの一点モノの額縁を、今回
びーんずネットとご縁のあるみなさまに、
特別に販売いたします。

「木の素材が好きなんです。
それぞれの木材の色合いを生かして、
額縁の他にもカッティングボードや
箸置きなども作っています」と大村さん。

『自由』の絵に合わせて選んだのは、
淡く優しい色合いの栗(クリ)材です。
絵の温かさにぴったりの、素敵な額縁です。

特製額縁&ポストカードセット3,900円(販売数1セット)
ポストカード(自由)一枚付き、平置き・壁掛け兼用タイプ

これに加えて、もうひとつ!

大村さんポストカード

大村さんがご自身でセレクトした
ポストカードのセットも
数量限定でご用意しました。

ポストカード5枚セット1,000円(販売数5セット)
『自由』『憩いのほとりで』『願い』『風に思いを寄せて』『大切にしたいもの』

お求めはびーんずネットのWEBショップから。

数量限定・在庫限りとなりますので、
どうぞお早めに。
https://beansnet.thebase.in/

大村 竜夫(おおむら たつお)
小学校5年生で不登校になり、学校へは行かず、自分の生き方を模索。26歳でうつになったのをきっかけに、自分の心象風景を絵に描いてみたいと思い、独学で家にあった色鉛筆を使って絵を描き出す。2年後の2004年に第1回の個展を開催。1枚の絵を完成させるのに1ヶ月から2ヶ月かける丁寧な画風が特徴で、15枚の絵が使われている『ひび割れ壷と少年』の絵本は、実に4年近くかけて描かれた力作。
絵本『ひび割れ壷と少年』(アートデイズ)

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

1月28日開催セミナー『「不登校」。ひとりでもう悩まないでください』

子どもが不登校になってからというもの。
夫婦で意見が合わず言い合いになったり、「甘やかしているからだ」「育て方が良くなかったんじゃないの?」などという周囲の心無い言葉に傷ついたり。

「子どもの気持ちを第一に、まずはしっかり寄り添っていこう」

そんなふうに思うけれど、昼夜逆転でゲームやYouTube三昧の子どもを見ていると、そんな決意もロウソクの灯のようにユラユラ揺らいでしまう――そんなことはありませんか?

今回のセミナーは不登校の子を持つ保護者の悩みに日々、寄り添い続けているNPO法人キーデザイン代表の土橋優平さんをゲストにお迎えして、不登校の子どもに必要な「見守り方」とは何かを、参加者のみなさんとともに考えます。

参加者同士で感想や意見をシェアしあう時間も用意しています。参加者一人ひとりの気づきや学びにつながることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA