人に話すと、考えがまとまる

人に話すと、考えがまとまる

こんにちは。金子(A)です。

9月28日(金)発行のタウンニュース
高津区版の「人物風土記」で
紹介していただきました。

人の話を聞くことは多かれど

普段は聞く立場でいることが多い私。

取材を受けて、人から
「聞かれる」立場になることは、
滅多にないことです。

取材してくださったのは、
入社半年目のフレッシュな記者さんで、
なんと、1時間半以上も
真剣に聞いてくださいました。

(私の話しがあちこちに
脱線したのが原因かも?笑)

いずれにせよ、とても熱心に、丁寧に、
そして真摯に聞いてくださったことが、
とても嬉しかったのです。

人に話すと、考えがまとまる

記者さんのご質問にお答えする中で、
私がなぜ、どんな想いで
びーんずネットの活動を始めたかを、
改めて振り返ることができましたし、

それは、今の自分の考えが
整理されることにもつながりました。

人に話すと、考えがまとまる。
これ、本当にそうですね。

そして、しっかりと聞いてもらう中で、
新しい気づきが生まれてきます。

傾聴を基盤とするカウンセリングこそが、
人が変化し、成長するきっかけになると
私が信じる所以です。

初心を忘れずに!

今回取材をしていただいた中で
改めて感じた気づきや、
原点となった想いを大切に、
今後も活動を続けていきたいと思っています。

まだまだ、日々修行?の身ですが…

どうぞこれからのびーんずネットにもご注目、
ご期待頂ければ幸いです♪

記事内容はこちらから ↓
https://www.townnews.co.jp/0202/2018/09/28/450571.html

まさに「簡にして要を得た文章」の
お手本だなあ、と。

1時間半話した内容のエッセンスの
そのまたエッセンスを、
ギューっと凝縮していただいています ♪

ぜひぜひ、お読みになってみてください。

金子(A)

顔写真

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

 

雲の向こうはいつも青空

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA