「与える側の経験」をしてもらいたい

地域でキラリ☆な人を取材!
びーんずメイトVol.6 「ツキイチレストラン」
山本さち子さん

JR南武線・武蔵新城駅南口のカフェ
「メサ・グランデ」が、その日だけ
子どもたちが運営するレストランに変身――。

小学生から中学生までの
子どもたちのための職業体験レストラン
「ツキイチレストラン」は、準備から調理、
片付けまでを子どもたち自身が担当します。

主催されているShip代表の
山本さち子さんにお話をうかがいました。

ツキイチレストランで賑わう店内

――山本さんがShipを立ち上げてから一年。以前はフリーのカメラマンとして結婚式場でお仕事をされていたそうですね。

最初はOLをしていたんですが、満員電車がキツくて(笑)。やっぱりOLは無理だと思って、夜間の写真学校へ通いました。アシスタントから始めてカメラマンとして独立したのは30歳のときですね。

ship代表 山本さち子さん

その頃、そろそろ子どもが欲しいなと思ってたんですけど、なかなか授からなくて……。不妊治療をして、息子が生まれたのが35歳のときでした。

もう嬉しかったですね!

私はなにをしにこの世に生まれてきたんだろう? って昔からよく考えていたんですが、子どもができたときに、「あ、なんだ考えることなかったじゃん」って。私が生まれてきた意味はこの子を産むことだったなって(笑)。

――もう全身でそう思えたんですね。 山本さんが今のご活動をされる元になっているのは、そのお子さんとの関係からだと以前うかがいました。

息子は発達の面ではすごく凸凹しているんですけど、頭はいいと私は昔から思っていたんです。

でも息子が小学校三年の時に、通級(通級指導教室)に行ってくださいって担任の先生から言われたんです。他の子は通常の学級で学んでいけるけど、あなたのお子さんは学んでいけないからって。才能はあるのに、できないところばかり見られる。それなら、その才能がある所を私が伸ばしてあげて、先生を見返してやりたいとすごく思ったんですよね。

それで、中学受験をさせようと思ったんです。そこからが地獄でした。

――地獄……。

息子のほうが地獄だったと思うんですけど。本格的に進学塾に行かせてから半年で息子は鉛筆を噛み続けたり、チックの症状も出てきて。

塾の宿題がどんどん出されるんですが、やってもやっても終わらない。私も「終わったら次これ! 遅い遅い、もっと早く!」みたいに急かして。本当に息子を追い詰めてしまったんです。

信頼関係を築き直して再出発

そんな状況を見ていた主人から「受験はやめよう」って。私は心療内科に行くことを勧められました。

そこからはもう本当になにもないところからの再出発でした。息子との信頼関係を築き直すところからのスタート。息子も「あの時はこんなに辛かったんだ」っていうことをだんだん私に言うようになってきて。ああ、ごめんね、本当に悪かった、本当にごめんって。当時は息子と毎日、話してた気がしますね。

――そういう時間をずっと過ごされて。

はい。ただ小学校六年のときの先生と、中学の先生にはすごく恵まれて。通級に行ったことも実はすごくよくて、考え方とか、人との関係のつくり方とかも学ばせてもらいました。

与える側の経験をしてもらいたい

“ツキイチ”の由来は月に一回の開催を目指していたから。 「やってみたら、月一は無理じゃん!と(笑)。 今は3ヶ月スパンです」

私自身、振り返ると「将来何になりたいの?」って親や先生に聞かれたときも、ぜんぜん考えられなかった。

ただ「やりたくないこと」はすごくあったんです。やりたくないことはやらない(笑)。私は就職して「やりたくないこと」がわかっていった感じです。

――最初から「これが好き」とか、「やりたいこと」がわからなくても、「やりたくないこと」を削ぎ落としていったら、残るものがあるんじゃないの? っていう……。

息子もやりたくないことを無理やりやるのは難しい子だから、自分で何かできるようになるといいな、と思ってました。

でも自分でなにか立ち上げてやってみたらって、言うのは簡単だけど難しい。それならまず私自身がやってみよう、と。人に言うなら自分から始めようと思って、それでこの活動を始めた感じです。

あとはやっぱり根本にあるのは、子どもたちに社会から「ありがとう」と言ってもらえる経験をしてもらいたいということ。与えられる側だけでなく与える側の経験をしてもらいたい、という思いがあります。

うちの子も毎回すごく楽しみにしていて、学校の調理実習でも自信満々に言ってるらしいんです。「自分は料理ができる。なんてったってレストランをやっているんだから」って(笑)。

そういう子がいる限り、続けていきたいなって思います。

注文を取ることから、調理、盛り付け、配膳、そして片付けまで。文字通り、レストランの仕事を子どもたち自身で「体験」する。

――自信につながるんですね。

レストランでは結構ハチャメチャなんですけどね。あ、あそこに料理出すの忘れてた! とか。

でも子どもたちも、食べに来てくれるお客さんも、みんな私が好きでやってることに協力してくれて成り立っていて……。本当にありがたいなあ、と思っています。

 

◆次回開催予定:2020年2月27日(木)18:15〜20:00(要予約)

ツキイチレストラン
・活動日;不定期(目下3ヶ月に一度開催)
・活動時間:18:00〜20:00
・メニュー・料金;コース料理1500円 プチデザート・飲み物付き(要事前予約)
・住所:川崎市中原区新城5-2-13  メサ・グランデ(武蔵新城駅徒歩2分)
・連絡先: shipmentor.s@gmail.com

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.1

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA