11月26日(土)「もう不登校で悩まない! おはなしワクチン」を開催します!

~子どもが「学校に行きたくない」と言ったとき、あなたはどうしますか?~

「川崎市子どもの権利に関する条例」
を全国に先駆けて2000年12月に
制定した川崎市。

毎年11月20日を「子どもの権利の日」
と定め、その前後1か月の間に
市が主催するイベントの他、
さまざまな市民団体による
関連事業が行われています。

私もメンバーになっている
「川崎の親子を考える会」では、
今回「おはなしワクチン」の
蓑田雅之さんをお迎えして
講演会を開催します。

蓑田さんの「おはなしワクチン」は、
未就学児のお子さんの
保護者のために始めた活動です。

それは、ある日突然子どもが
「学校に行きたくない」
と言い出したとしても、
大人が不登校に対する正しい知識を
身につけておげば、いざというときに
慌てずにすむからです。

今回は蓑田さんご自身の
子育て観もうかがいながら、
子どもの人権を尊重した
大人の関わり方について、
ご参加のみなさんとともに
学び合う機会にしたいと思っています。

お近くの方はぜひご参加ください。

◆「もう不登校で悩まない! おはなしワクチン」
◆ゲスト:蓑田雅之さん
◆日 時:2022年11月26日(土)14時~16時
◆会 場:かわさき市民活動センター会議室
川崎市中原区新丸子東三丁目1100-12
◆参加費:無料
◆定 員:申し込み先着20名様
以下よりお申し込みください。
https://seminar-20221125.peatix.com/
◆主 催:川崎の親子を考える会

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA