「親業を体験する気軽なお茶会」開催しました♪

「親業を体験する気軽なお茶会」開催しました♪

今日は
「親業を体験する気軽なお茶会」
の日でした。

川崎も台風19号の被害で、
まだ大変な地域もあり、
とても心配していましたが、

お申し込みいただいた
10名のみなさん全員が
元気に参加してくださいました。
ありがとうございます!

自己紹介のあと、
まずは親が子どもに言いがちな
「おきまりの12の型」を体験。

「あるある!」
「いやー、これ言っちゃってるよね!!」
と盛り上がったあと、

じゃあ、この他にどんな聞き方があるの?
ということで、ペアになって親業の
「能動的な聞き方」を練習してみます。

「こんなふうに聞いてもらえたら、もっと話してみたくなる」

「共感してもらえてるって感じました」

「この人になら、話してもいいなって、信頼できる気がした」

「あたたかく、つつまれているような気持ちになった」

聞いてもらう立場を体験したみなさんから
そんな声をいただきました。

2時間では、親業のほんのさわりの部分しか
お伝えできませんでしたが、

ご家庭や職場、地域で関わる方々との
コミュニケーションに
この体験会での気づきを、
少しでも生かしていただけたら嬉しいです。

今日の参加者の方はみなさん、
ほぼ初対面どうしでしたが、
和気藹々とした、
とても楽しい会になりました!

これもひとえに、
参加してくださったみなさまが
安心で安全な、あたたかな場を
つくってくださったおかげです。

本当にありがとうございました。

びーんずネットのセミナーやイベントは、
お父さんのご参加が(ご夫婦でのご参加も)
多いのですが、

今回もお父さんがお二人、
参加してくださいました。

いや〜嬉しいことです!

夫(金子J)も元気付けて
いただいています。笑

次回の
「親業を体験する、気軽なお茶会」は、
来年の2月〜3月頃に開催する予定です。

また近くなりましたらご案内しますね。

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

1月28日開催セミナー『「不登校」。ひとりでもう悩まないでください』

子どもが不登校になってからというもの。
夫婦で意見が合わず言い合いになったり、「甘やかしているからだ」「育て方が良くなかったんじゃないの?」などという周囲の心無い言葉に傷ついたり。

「子どもの気持ちを第一に、まずはしっかり寄り添っていこう」

そんなふうに思うけれど、昼夜逆転でゲームやYouTube三昧の子どもを見ていると、そんな決意もロウソクの灯のようにユラユラ揺らいでしまう――そんなことはありませんか?

今回のセミナーは不登校の子を持つ保護者の悩みに日々、寄り添い続けているNPO法人キーデザイン代表の土橋優平さんをゲストにお迎えして、不登校の子どもに必要な「見守り方」とは何かを、参加者のみなさんとともに考えます。

参加者同士で感想や意見をシェアしあう時間も用意しています。参加者一人ひとりの気づきや学びにつながることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA