「親業を体験する気軽なお茶会」開催しました♪

「親業を体験する気軽なお茶会」開催しました♪

今日は
「親業を体験する気軽なお茶会」
の日でした。

川崎も台風19号の被害で、
まだ大変な地域もあり、
とても心配していましたが、

お申し込みいただいた
10名のみなさん全員が
元気に参加してくださいました。
ありがとうございます!

自己紹介のあと、
まずは親が子どもに言いがちな
「おきまりの12の型」を体験。

「あるある!」
「いやー、これ言っちゃってるよね!!」
と盛り上がったあと、

じゃあ、この他にどんな聞き方があるの?
ということで、ペアになって親業の
「能動的な聞き方」を練習してみます。

「こんなふうに聞いてもらえたら、もっと話してみたくなる」

「共感してもらえてるって感じました」

「この人になら、話してもいいなって、信頼できる気がした」

「あたたかく、つつまれているような気持ちになった」

聞いてもらう立場を体験したみなさんから
そんな声をいただきました。

2時間では、親業のほんのさわりの部分しか
お伝えできませんでしたが、

ご家庭や職場、地域で関わる方々との
コミュニケーションに
この体験会での気づきを、
少しでも生かしていただけたら嬉しいです。

今日の参加者の方はみなさん、
ほぼ初対面どうしでしたが、
和気藹々とした、
とても楽しい会になりました!

これもひとえに、
参加してくださったみなさまが
安心で安全な、あたたかな場を
つくってくださったおかげです。

本当にありがとうございました。

びーんずネットのセミナーやイベントは、
お父さんのご参加が(ご夫婦でのご参加も)
多いのですが、

今回もお父さんがお二人、
参加してくださいました。

いや〜嬉しいことです!

夫(金子J)も元気付けて
いただいています。笑

次回の
「親業を体験する、気軽なお茶会」は、
来年の2月〜3月頃に開催する予定です。

また近くなりましたらご案内しますね。

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.1

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA