「ごえん楽市」に出店します!

こんにちは。事務局の金子(J)です。

アメリカ合衆国第16代大統領のリンカーン。
ノッポで知られたリンカーンですが、ある時
「人の足の長さはどれくらいが適当ですか?」
と聞かれたそうです。

ちょっと意地の悪い質問ですね。

「胴体から地面に着くくらいの
長さがあるのがいいですね」

それがリンカーンの答えだったそうです。
なかなか素敵な切り返しだと思いませんか?

え?
いつもしょうもない話をするな、って?

すみません。
少しでも和んでもらえたら、
と思っているだけなんですが、、、
今回もうまくいきませんでしたかね…。

お知らせです。

今週末の2月2日(土)、
川崎のボランティア・市民団体を紹介する
「ごえん楽市」というイベントに、
夫婦で参加します。

親業インストラクターのうちの奥さんが
「川崎の親子を考える会」のブースを、
不肖わたくしめが「びーんずネット」の
ブースを担当します。

■フェア名:ごえん楽市
■日程:2019年2月2日(土曜日)
■時間:10:00~16:00
■場所:川崎市中原市民館2Fホール
(武蔵小杉駅より徒歩4分)
■出展パネルNo.:20=川崎の親子を考える会、21=びーんずネット

「びーんずネット」のブースでは、
当日来場した方だけが見られる
スペシャルなものも用意する予定です。

ぜひお気軽にお立ち寄りください。

子ども達に向けたスタンプラリーも、
どちらのブースでもご用意していますよー。

フェア詳細はこちら↓↓↓
http://www2.kawasaki-shiminkatsudo.or.jp/volunt/hajimeru/rakuichi/goen20190202

金子(J)

Jプロフィール丸

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA