「ごえん楽市」に出店します!

こんにちは。事務局の金子(J)です。

アメリカ合衆国第16代大統領のリンカーン。
ノッポで知られたリンカーンですが、ある時
「人の足の長さはどれくらいが適当ですか?」
と聞かれたそうです。

ちょっと意地の悪い質問ですね。

「胴体から地面に着くくらいの
長さがあるのがいいですね」

それがリンカーンの答えだったそうです。
なかなか素敵な切り返しだと思いませんか?

え?
いつもしょうもない話をするな、って?

すみません。
少しでも和んでもらえたら、
と思っているだけなんですが、、、
今回もうまくいきませんでしたかね…。

お知らせです。

今週末の2月2日(土)、
川崎のボランティア・市民団体を紹介する
「ごえん楽市」というイベントに、
夫婦で参加します。

親業インストラクターのうちの奥さんが
「川崎の親子を考える会」のブースを、
不肖わたくしめが「びーんずネット」の
ブースを担当します。

■フェア名:ごえん楽市
■日程:2019年2月2日(土曜日)
■時間:10:00~16:00
■場所:川崎市中原市民館2Fホール
(武蔵小杉駅より徒歩4分)
■出展パネルNo.:20=川崎の親子を考える会、21=びーんずネット

「びーんずネット」のブースでは、
当日来場した方だけが見られる
スペシャルなものも用意する予定です。

ぜひお気軽にお立ち寄りください。

子ども達に向けたスタンプラリーも、
どちらのブースでもご用意していますよー。

フェア詳細はこちら↓↓↓
http://www2.kawasaki-shiminkatsudo.or.jp/volunt/hajimeru/rakuichi/goen20190202

金子(J)

Jプロフィール丸

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.4

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA