セミナー開催『キミイロのままがいい〜不登校・発達障害の子どもとの接し方〜』

あまりにも強いエネルギーのため、
幼少期から周囲とうまくなじめない——。

広汎性発達障害という診断、そして不登校。

その振る舞いがことごとく
「問題行動」とされてきた長男と、
当時は文字通り
「取っ組み合いの日々だった」
と語る小林由起さん。

親子で追い詰められ、すべてを
投げ出してしまいたい
と思うときもあったと言います。

このセミナーでは、
鎌倉のフリースクールLargoで
スタッフを務める小林さんを
ゲストにお迎えして、
不登校・発達障害の子どもとの
接し方についてみなさんと共に考えます。

発達に特性のある子どもとの
向き合い方について、小林さんの
実体験を通してのお考えを
たっぷりうかがいながら、
参加者どうしで感想や意見を
シェアしあう時間も用意しています。

発達障害の子どもの理解、
不登校の子どもへの向き合い方など、
参加してくださった方ひとり一人の気づきや
学びにつなげられたらと思っています。

◆ゲスト:小林由起さん
◆日 時:2021年6月26日(土)
14:00〜16:00
◆会 場:オンライン(Zoom)
◆参加費:1980円
◆定 員:先着20名様

お申込みはこちらから↓
https://seminar20210626.peatix.com/

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA