セミナー開催『キミイロのままがいい〜不登校・発達障害の子どもとの接し方〜』

あまりにも強いエネルギーのため、
幼少期から周囲とうまくなじめない——。

広汎性発達障害という診断、そして不登校。

その振る舞いがことごとく
「問題行動」とされてきた長男と、
当時は文字通り
「取っ組み合いの日々だった」
と語る小林由起さん。

親子で追い詰められ、すべてを
投げ出してしまいたい
と思うときもあったと言います。

このセミナーでは、
鎌倉のフリースクールLargoで
スタッフを務める小林さんを
ゲストにお迎えして、
不登校・発達障害の子どもとの
接し方についてみなさんと共に考えます。

発達に特性のある子どもとの
向き合い方について、小林さんの
実体験を通してのお考えを
たっぷりうかがいながら、
参加者どうしで感想や意見を
シェアしあう時間も用意しています。

発達障害の子どもの理解、
不登校の子どもへの向き合い方など、
参加してくださった方ひとり一人の気づきや
学びにつなげられたらと思っています。

◆ゲスト:小林由起さん
◆日 時:2021年6月26日(土)
14:00〜16:00
◆会 場:オンライン(Zoom)
◆参加費:1980円
◆定 員:先着20名様

お申込みはこちらから↓
https://seminar20210626.peatix.com/

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.10

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA