インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.6 ②登坂真代さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。
ただ今、Vol6の取材を進めています。

今回お話をうかがったのは、
神奈川県横浜市港南区にある
「手作りおやつ工房とさか」
店主の登坂真代さんです。

学生時代、「美味しい料理で
お客さんに笑顔になってもらいたい」
との思いを胸に、大学卒業後は
料理の世界に進んだ登坂さん。

しかし、頑張れば頑張るほど、
職場での人間関係がうまくいかず、
転職、転居を繰り返す中で体調を崩し、
仕事に行けなくなってしまいます。

どこへ行っても自分はうまくやれない。
人の役に立ちたいのに、役に立てない……。

自分を責め続け、当時交際中だった
夫の家でひきこもる日々。

「生きていること自体に罪悪感があった」
という登坂さんが「気晴らしに」と
好きだったお菓子作りを久しぶりに
始めたことが、ひとつの転機になりました。

「ひきこもったまま社会とつながろう」

と2018年に自宅の一角でお店を始めてから
今年で4年目を迎える
「手作りおやつ工房とさか」。

お店は、日々のおやつを買いにくる
常連さんや、生きづらさを感じている方が、
ちょっとおしゃべりをしに立ち寄ったり
できる地域の居場所にもなっています。

お菓子作りを通して
さまざまな人との繋がりができてきた今、
福祉や地域づくりの団体への応援も
積極的に行っている登坂さんに、
これまでの人生を、じっくりと伺いました。

登坂さんのお菓子は、
やさしくてホッとする美味しさ。
お店もそんな
あたたかな雰囲気に溢れています。
お近くの方は、ぜひ訪ねてみてください。

手作りおやつ工房とさか
https://oyatsukobo-tosaka.studio.site

お土産にいただいたオリジナルの
クッキー缶には、アイシングで
「まず、親が幸せになる」の文字が!

感激です〜。
登坂さん、本当にありがとうございました。

雲の向こうはいつも青空Vol.6は
今年9月の発行を目指して、
インタビューを進めています。
どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA