東京新聞「しみん発」で紹介していただきました

写真:東京新聞2019年4月13日付朝刊

こんにちは。
びーんずネットの金子あかねです。

今日4月13日(土)発行の東京新聞で、
びーんずネットの活動を
ご紹介いただきました!

「総合首都版 メトロポリタン」の
「しみん発」というコーナーです。

神奈川や東京、千葉、埼玉、茨城、
群馬、栃木、静岡(一部)の読者に
目にしていただけるページだそうです。

記者の石川さんには昨年12月開催の
セミナー「本当の不登校の話をしよう」
に引き続き、取材をして頂きました。

今回も私たちの活動のエッセンスを
ぎゅっと濃縮して
素敵な記事に仕上げていただきました。

ぜひ、お読みになってください。

記事内容はこちらから ↓

子の不登校 思い共有
https://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201904/CK2019041302000180.html

このように、多くの方に私たちの活動を
知っていただける機会をいただけることが
本当にありがたく、びーんずネットの活動を
通じて出会えたみなさんお一人おひとりに、
心から感謝しています。
ありがとうございます。

こらからも、地道に、そして丁寧に
活動を続けていきたいと思っています。

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA