子どもたちの「とまり木」

我が家から見える、大きな桜の木。
この春も美しい花を咲かせてくれました。

ちょうど満開になったころには、
毎日のようにヒヨドリたちがやってきては
お花をついばむ姿が見られました。

「花の蜜が甘いんだろうね」

息子にそう言ったら

「小鳥も休憩がてら、オヤツ食べに
来てるんじゃないの」って。

ああ、そうだなあ。
いい表現するなあと思いました。

止まり木を自由に選べるように

多様な学びプロジェクト
の代表をされている生駒さんと、
先日お会いした時に、
新しい缶バッチをいただいたので、
嬉しくて早速バッグにつけています。

本当なら、
中学に通っていない中3の
息子用なんでしょうけど。笑

鳥と木がデザインされている
素敵なバッチなのですが、
「鳥」が子ども、
「木」は立ち寄れる場所を
イメージしているそうです。

ロゴデザインは鳥が子ども、木は立ち寄れる場所をイメージしています。
「不登校」というと、暗いとか、残念とか、そんなイメージがつきまといます。
そのイメージに傷ついて家から出られなくなってしまう子もいます。
そこで、彼らを「free bird kids: 自由な魂をもった子ども達」と新しいイメージで呼びたいと思っています。
鳥が止まり木を自由に選べるように、自分の学び場も、あそび場も、居場所も、選ぶことが出来る。
あなた達の未来は閉ざされることなく開かれているんだよ、理解してくれる地域の人たちはいるんだよ、とこのロゴで伝えたいと思っています。
(多様な学びプロジェクトパンフレットより)

安心して羽根をやすめ、自由に飛んでいける場

「多様な学びプロジェクト」は、
全国で14万人もいる、
学校外で学ぶ子どもたちが、
家以外でも、気軽に立ち寄れる場を
つくるプロジェクトです。

今、
プロジェクトは全国的に広がりつつあり、
ご協力いただける施設やお店
(地域の図書館、児童館、塾や商店、
プレーパーク、フリースクールなど)
が増えています。

小鳥が安心して羽根をやすめ、
おやつを食べたり、
おしゃべりできるような「止まり木」。

そして、またそこから
次の止まり木へと、自由に飛んでいける。

学校以外で学ぶ子どもたちにとっても、
そんな出会いと学びにつながる場所が、
もっともっと
増えていくことを願っています。

多様な学びプロジェクト
https://www.tayounamanabi.com/

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA