インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.5 佐原光さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空Vol.5』。

7人目、最後の取材でお話をうかがったのは、
石川県金沢市にある学校外の学びの場、
フリースクール「IRORI(イロリ)」
の教育管理責任者、佐原光さんです。

小さい頃から数学の世界に魅せられていた
という佐原さん。

大学院では応用数学を学びながら、
地域活性化のボランティアにも
関わっていた佐光さんは、就職の時期を前に
数学の研究者の道に進むか、
教育の道に進むかを迷い、
科学館の学芸員として就職をします。

その後、塾講師、科学雑貨店員を経て、
海外協力隊としてアフリカのガーナへ。
そこで数学教師を2年勤め、
「IRORI」のスタッフに加わります。

「教育者が1つのことしか知らないと、
子どもたちにとってのロールモデルが
狭まってしまう。
色んな経験をしてから、30代になって
直接子どもと関わりたいと思っていた」

と語る佐原さん。

中学時代は短距離の選手だった
という佐原さんは、なんと、
サハラ砂漠の超過酷なマラソン、
250kmレース出場経験もある、
「サハラを走った最初の佐原」
でもあります(笑)。

様々な経験を経た佐原さんが常に思うのは、

「他者とともに生きる」
「自分らしさを活かす」

ことの大切さ。

「学びの主語は子どもたちにある」
「多様な選択肢を与えられる社会に」

そう話す佐原さんの、教育にかける思いを
じっくりとうかがいました。

佐原さん、長時間のインタビューに
ご協力いただき
本当にありがとうございました!

これで『雲の向こうはいつも青空』Vol.5の
全ての方のインタビューが終了しました。

このような状況下でしたから、
インタビューには細心の注意を払いつつ
行ってまいりました。

7名のみなさまが、本当に快く
ご協力してくださったおかげで、
今回の取材も対面で行うことができ、
本当にありがたく、
感謝の気持ちでいっぱいです。

7名の方それぞれの、
大切なお話を聞かせていただけたこと、
私の宝物です。
大切に、編集させていただきます。

来年3月の発行を目指して、がんばります!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.4

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA