インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.5 ⑥藤江正直さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』Vol5で
関西にも伺いました=その②です!

インタビューさせていただいたのは
みどり整骨院院長で、メンタルコーチ、
ペップトーク講師としても
ご活躍をされている藤江直政さんです。

お子さんに対して、
「とにかく親の言うことを聞け」
と厳しくしつけてきた、という藤江さん。

娘さんは中学で不登校になり、
通信制高校に進学するもほどなく
ひきこもり状態になりますが、
藤江さんは子どものためを思うからこそ、
厳しくダメ出しを続けてきたと言います。

親子関係が行き詰まる中、
ご家族を襲った辛いできごと、
その後、あるきっかけで参加した
「ペップトーク」との出会いが、
藤江さんご自身の
娘さんへの向き合い方が変わる
大きな転機になりました。

今はお嬢さんも独立され、お互いにとても
いい関係を築いているという藤江さんが、
お話の中で例に出してくださったのが、
視力検査の時によく見るCのようなマーク、
(ランドルト環)でした。

「私たちは欠けているところに注目して、
欠けているところ=ダメなところ、
と見がちだけれど、そこを伸び代と捉えると
物事は全然違って見えてきます」

やさしく説明してくださる藤江さんの言葉に
ハッとさせられました。
ほんとうに、そうですね!

藤江さん、ありがとうございました!

雲の向こうはいつも青空Vol.5は
来年3月の発行を予定しています。
どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA