インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.5 ⑥藤江正直さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』Vol5で
関西にも伺いました=その②です!

インタビューさせていただいたのは
みどり整骨院院長で、メンタルコーチ、
ペップトーク講師としても
ご活躍をされている藤江直政さんです。

お子さんに対して、
「とにかく親の言うことを聞け」
と厳しくしつけてきた、という藤江さん。

娘さんは中学で不登校になり、
通信制高校に進学するもほどなく
ひきこもり状態になりますが、
藤江さんは子どものためを思うからこそ、
厳しくダメ出しを続けてきたと言います。

親子関係が行き詰まる中、
ご家族を襲った辛いできごと、
その後、あるきっかけで参加した
「ペップトーク」との出会いが、
藤江さんご自身の
娘さんへの向き合い方が変わる
大きな転機になりました。

今はお嬢さんも独立され、お互いにとても
いい関係を築いているという藤江さんが、
お話の中で例に出してくださったのが、
視力検査の時によく見るCのようなマーク、
(ランドルト環)でした。

「私たちは欠けているところに注目して、
欠けているところ=ダメなところ、
と見がちだけれど、そこを伸び代と捉えると
物事は全然違って見えてきます」

やさしく説明してくださる藤江さんの言葉に
ハッとさせられました。
ほんとうに、そうですね!

藤江さん、ありがとうございました!

雲の向こうはいつも青空Vol.5は
来年3月の発行を予定しています。
どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

1月28日開催セミナー『「不登校」。ひとりでもう悩まないでください』

子どもが不登校になってからというもの。
夫婦で意見が合わず言い合いになったり、「甘やかしているからだ」「育て方が良くなかったんじゃないの?」などという周囲の心無い言葉に傷ついたり。

「子どもの気持ちを第一に、まずはしっかり寄り添っていこう」

そんなふうに思うけれど、昼夜逆転でゲームやYouTube三昧の子どもを見ていると、そんな決意もロウソクの灯のようにユラユラ揺らいでしまう――そんなことはありませんか?

今回のセミナーは不登校の子を持つ保護者の悩みに日々、寄り添い続けているNPO法人キーデザイン代表の土橋優平さんをゲストにお迎えして、不登校の子どもに必要な「見守り方」とは何かを、参加者のみなさんとともに考えます。

参加者同士で感想や意見をシェアしあう時間も用意しています。参加者一人ひとりの気づきや学びにつながることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA