反抗期が少ない?|息子がデモクラティックスクールに通うことについて、思うこと(2)

反抗期が少ない?

こんにちは。
金子(A)です。

息子がデモクラティックスクールに
通うことについて、保護者としての
今の私の考えを書いてみたいと思います。

3回連載の、第2回目です。

スクールの生徒たちの特徴。強いて言うなら

誰かに何かを
決められることのない環境は、

自由である一方で、
自分の行動に対して
自分で責任を取る必要があります。

デモクラティックスクールの生徒たちは、
年齢に関係なく、
しっかりと自分の意見を
言う子が多いように思います。

自分の置かれた状況を
誰かのせいにしない
マインドが育まれやすい。
そんな気がします。

また
大人と話すことに対して気後れがない。
対等な一人の人間として、
「さん付け」で意見を言い合うことに
慣れている気がしています。

もうひとつは、
思春期特有の反抗期がない、
または少ない印象があります。

保護者同士で話す中で、

「子どもが反抗期で困る」

というような話は
実はあまり聞いたことがありません。

大人と子どもという縦の関係でなく、
同じ一人の人間として
尊重され、受け入れられている
という感覚があるからだと思います。

夫は、

「今、息子との関係は本当に対等で、
自分はいわゆる”一家の主”
としての権威は全然無いよね。笑

でも、そのことを
嫌だとも恥ずかしいとも
思わないようになったよ」

と言っています。

それもやはり、
息子がデモクラティックスクールへ
通うことを受け入れたことが
大きかったそうです。

デモクラティックスクールのリスクは?

デモクラティックスクールでは、
いわゆる義務教育で教えられる
基礎的な学力は、

本人が望まない限り
身につくことがないのは、
リスクと言えるかもしれません。

「人は本当にやりたい、
必要だと感じたときに一番よく学ぶ」

という考え方が
デモクラティックスクールの基本です。

大人が用意したレールや、
期待を”排した環境”に身を置くことで、

人は自然な形で学び、成長する。

子どもにはその力が備わっていると信じる。

だからその環境だけを整える。
それが、とても大切なことなのです。

・・・・・・・・・・・・・・

息子がデモクラティックスクールに
通うことについて、思うこと。

次回は、

「不登校になって後悔している」

と言い出した息子について、

そしてスクールに通ってよかったと
思うことのお話しです。

<続く>

ご質問などありましたら、
ぜひお気軽にお寄せください♪

金子(A)

シンプルに、合うか合わないか|息子がデモクラティックスクールに通うことについて、思うこと(3)

セミナー「ありのままの僕でいい」
お申込み受付中です。

もっと詳しく知る
https://beans-n.com/event/event0915/

顔写真

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA