インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.6 ⑥小林結宇さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。
9月の発行を目指し、
Vol6の取材を続けています。

今回お話をうかがったのは、
神奈川県茅ケ崎市の
「湘南サドベリースクール」
スタッフの小林結宇さんです。

2008年に開校した、
湘南サドベリースクールの卒業生
第一号でもある結宇さん。

結宇さんは群馬県の小さな村の
学校に通っていたとき、
小学2年生の約1年間、
不登校を経験しました。

3年生の夏休み明けに
再登校するようになってからも、
毎日宿題をすることの意味や、
従わなくてはならない
数々の学校のルールには
常に疑問を感じていたと言います。

中学進学を前にした6年生の冬休み、
自分で様々な学校を調べる中で
巡り合った「湘南サドベリースクール」。

結宇さんにとって
「安心できる、息がしやすい」
空気がそこにありました。

以来6年間、スクールに通いながら様々な
アルバイトを体験してきた結宇さんは、
卒業後に各地のサドベリースクールを
見て回る中で「やっぱり自分が一番
楽しめるのは湘南サドベリーのスタッフ」
という思いを強めていきます。

「自分として嘘偽りなく生きられる場所。
自分の生き方を作れた場所」

湘南サドベリーについてそう語る結宇さん。

19歳からスタッフとして運営に関わり、
今年で3年目を迎える結宇さんに、ご自身の
これまでの歩みを振り返っていただきました。

湘南サドベリースクールは、
とても趣のある古民家で、
歴史的建造物としても
大変価値ある建物だそうです。

ミーティングルームのほか、
たくさんの部屋があり、それぞれ
工作や音楽、読書、料理など
子どもたちが好きなことに没頭できるような
環境がつくられていました。

「湘南サドベリースクール」
https://shonan-sudbury.org

『雲の向こうはいつも青空』Vol.6
は今年9月の発行を目指して、
インタビューを進めています。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.6 ⑥小林結宇さん” に対して 3 件のコメントがあります

  1. なる より:

    小林ゆうさんのコラム見ました。素敵な場所に出会えて良かったです。子どもの頃は学校が当たり前だと思って気持ちがあまり理解できなかったです。申し訳ない、、。でも、今はなんか自分の好きでいいんじゃないかなーっと色々幅広く考えられるようになり、ゆうちゃんの気持ちが分かります。これからも頑張ってくださいね

  2. なる より:

    応援してます。

    1. beansnet より:

      コメントありがとうございます!
      そして気づくのが遅くて申し訳ございませんでした。

なる へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA