知るということは大きい

知らないということは大きい

こんにちは。金子(A)です。

駅やデパートなどで
エスカレーターを利用するとき、
みなさんはどの位置に立ちますか?

私は急ぐ人のために右側を空けるのが
マナーだと思っていたので、左側に立ち、
急いでいるときは空いている右側を
歩いていました。

エスカレーターは立ち止まって乗ろう

先日、たまたまラジオで、
東京都理学療法士協会が

『エスカレーターを
止まって乗るアクション』

を呼びかけていることを知りました。

エスカレーターに乗るときに、
東京では止まって乗る人は左側、
右側は歩いて上る人たちのために
空けていることが多いのですが、

「訳あって右側に止まって乗りたい」

人たちもいます。

例えば身体の左側に麻痺があるような場合、
右手で手すりに掴まるために右側に
立ち止まって乗りたい方もいらっしゃるし、

目が不自由なかたは、隣をすごい勢いで
駆け上がっていく人がいると、
恐怖すら感じるそうです。

そこで東京都理学療法士協会では
「わけあってこちら側で止まっています」
というメッセージが書かれたキーホルダーを
作成して配布しているとのこと。

これをかばんなどに付けて
エスカレーターに乗ってもらい、
『エスカレーターを
止まって乗るアクション』への
理解を広めようとしています。

http://www.pttokyo.net/info/2018/06/10038.html

よく、駅のエスカレーター乗り場で
ひどい渋滞になっていることがあります。

実は、急ぐ人のために
片側をあけて利用する乗り方は非効率で、

「2列で間隔を開けずに
乗ることが渋滞を緩和する」

ことになるそうなんです!

びっくりですね。

こういうのって、
言われてみなければ気がつかないことです。

知るということは大きい

知らないということは大きい2

これまで私も
「良かれ」と思って右側を空けて
エスカレーターに乗っていました。

でも身体が不自由な方はもちろん、
小さなお子さんと手を繋いで乗るときは
横並びに乗らなければ危険ですし、

高齢者の方は特に、
隣を駆け上がっていく人との接触などで、
思わぬ事故にもつながりかねません。

ラジオを聞いてから、そのことに
思い至らなかったことを反省して、
私は急ぐときは
階段を利用するようになりました。

知るということは大きいなあ、と。

そして、これは「不登校」も
同じなんじゃないだろうか、
とも思うんです。

私たちが「知らないこと」で
苦しんでいる人がいます。

私たちが、良かれと思って
はたらきかけていることで、
傷ついている人がいます。

やはり、こういうことは粘り強く、
言い続けていくことが大切なのだと、
改めて思っています。

ということで、
12月8日の宣伝になるのですが、笑

知らないことを知る機会にもなります。
ぜひいらしてください。

セミナー「本当の不登校の話をしよう」
https://peraichi.com/landing_pages/view/futoko

金子(A)

顔写真

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

 

もう不登校で悩まない!おはなしワクチン

びーんずネットのセミナーではおなじみの蓑田雅之さん書き下ろしの一冊、『もう不登校で悩まない!おはなしワクチン』。

「不登校という概念をこの世からなくしたい」との想いから「おはなしワクチン」の活動を始められた蓑田さんですが、全国で続けてきたお話会がこのたび待望の本になりました。

「不登校ってどんなこと?」
「義務教育の大誤解」
「オルタナティブスクールって何?」
「新しい子育ての考え方」

章立てはこの4つ。蓑田さんご自身が一人の父親として、息子さんの子育てや学校選びの中で感じた疑問を丁寧に調べ、考えを深めていらした経緯をやさしい語り口で書かれています。

学校とは何か? 親とは何か? 家庭とは何か? そして教育の目的とは?

突き詰めていく過程でそれまでの子育てに対する価値観が180度ひっくり返る経験をした、という蓑田さん。特に第4章の「新しい子育ての考え方」には目からウロコの思いをされる方々も大勢いらっしゃると思います。
読み終わった時、不登校のその先がきっと明るく見える一冊になると確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA