『雲の向こうはいつも青空Vol.5』ご予約受付中です

3月29日(月)発売の
『雲の向こうはいつも青空Vol.5』の
予約販売を始めました。
発売日を忘れちゃうかも!と心配な方は、
29日を待たずにお申し込みいただけます。

今回の号も、すばらしい7名の方と
ご縁をいただきました。

以下にVol.5のご紹介と、
7名のみなさまからいただいた
メッセージを掲載しています。
ぜひご覧ください!
https://peraichi.com/landing_pages/view/behind-the-clouds

びーんずネットオフラインサロンの
会員の方には、一足先に発送しましたので、
早い方にはもう届いているかもしれませんね。
まだの方は、もう少々お待ちくださいませ。

さて、そのオフラインサロンの方に
向けたVol.5の発送作業を夫婦二人で
がんばっていたのですが、
強力な? 助っ人のおかげで
作業が楽しく進みました。

じゃじゃーん! 「はにわ兄弟」です。

指サックなんですよ、これ。
その名も「はにサック」。
考えた方ほんと最高すぎです。
この表情、この佇まい…
キュンキュンきますね!(私だけ?)

表情にもバリエーションがあるので、
日替わりで楽しんでもよいですね。
遊び心やセンスを感じるステーショナリーは
気分をUPさせて、作業効率を高める効果が、
きっとあると思います。

あ、すっかり「はにサック」の
宣伝みたいになってますが、
『雲の向こうはいつも青空Vo.5』も
どうかお忘れなく…笑

https://peraichi.com/landing_pages/view/behind-the-clouds

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA