インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.7 土橋優平さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。

先日、Vol.7の取材でお話をうかがったのは、
栃木県宇都宮市を拠点に、フリースクールと
ホームスクールのご家庭訪問プログラム、
そして、不登校の保護者向けに
無料のLINE相談窓口
「お母さんのほけんしつ」を運営している、
NPO法人キーデザイン代表理事の
土橋優平さんです。

小学生の低学年のころから
「生きるってなんだろう?」
とずっと考えていたという土橋さん。

それを友達に話すと
「変な奴扱い」をされることに気づき、
以来自分の本音を話すことはなく、
周りの雰囲気に合わせてきたといいます。

転機になったのは高校1年生の春休み。

化学に興味はなかったのに、
なぜか先生から声をかけられて
「スプリング・サイエンス・キャンプ」
に参加したことでした。

北海道網走の会場に
全国から集まってきた20名の高校生。
はじめて本音で話せる仲間と
出会えた2泊3日を土橋さんは
「本当の自分を思い出した感覚でした」
と振り返ります。

その後、大学に進学。
在学中に立ち上げた学生団体での
様々な出会いを通じて、
「困っている声に応える」を軸にしたいと、
生き辛さを抱える人たちの支援・
居場所づくりをおこなってきた土橋さん。

2016年に団体を法人化してからも、
運営面でのさまざまな困難が続き、
一度は大切なキーデザインを
畳む覚悟までしながらも、
乗り越えてきました。

今年は「お母さんのほけんしつ」で
初めてのクラウドファンディングに挑戦。
メディアにもとりあげられ、
見事目標額を達成しました。

日々、不登校の子どもたちと、
保護者に寄り添い続ける土橋さんの活動と、
そこに込められた思いを
たっぷりとうかがうことができました。
土橋さん、お忙しい中
本当にありがとうございました。

雲の向こうはいつも青空Vol.7は
来年3月の発行を目指して、
制作を進めています。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA