インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.7 松本雅彦さん

 

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。

先日、Vol.7の取材でお話をうかがったのは
福岡市を拠点に「ITと心のカウンセラー」
として、不登校相談・親の会の運営などの
支援活動をされている“まつぼん“こと
松本雅彦さんです。

セラピストで「不登校のお母さんの会」を
主催する妻のちず子さんとともに、ご夫婦で
支援活動をおこなっているまつぼんさん。

今でこそ不登校について積極的に
発信・活躍されているまつぼんさんですが、
長男が中学一年生で不登校になったとき、
「不登校生の親と見られるのが、
恥ずかしくて情けなかった」
と当時を振り返ります。

起きられない、具合が悪いと訴える長男に、
「仕事も学校も、休むものじゃないんだ」
と、叱咤する日々。
しかし、まつぼんさん自身も
仕事で単身赴任中、
心身に不調をきたすようになります。

朝起きられないし、夜も眠れない。
うたた寝のように眠ったとしても、
見るのは仕事の夢ばかり。

もしかしたら息子も
同じ思いをしているのか……。

自分の心身の状態が、長男にリンクして
感じられたというまつぼんさんは、
単身赴任から戻った後、ちず子さんが
通っている親の会に行くようになります。

「自分たちだけじゃなかった」
という安心感。
「こんな考え方もあるんだ」
という新鮮な思い。

その後、心理学を学んだまつぼんさんは、
「同じように苦しんでいる人たちが
気軽に相談できる場所をつくりたい」
との思いから、会社を辞めて
福岡市内に居場所カフェ
「カフェココ」を開きます。

そこには、楽しそうに働く
長男の姿もありました。

2019年に惜しまれながらもお店を閉め、
2020年には新たに
「不登校支援オフィスここるーむ」を
スタートさせたまつぼんさんとちず子さん。

お子さんの不登校に悩み
苦しむ方々に寄り添った、
今のご活動にいたるまでのお話をうかがい、
同じように夫婦で活動している私たちも
力をいただきました。

まつぼんさん、そしてちず子さん、
本当にありがとうございました。

『雲の向こうはいつも青空』
Vol.7は、来年3月発行予定で進めています。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA