インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.7 松本雅彦さん

 

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。

先日、Vol.7の取材でお話をうかがったのは
福岡市を拠点に「ITと心のカウンセラー」
として、不登校相談・親の会の運営などの
支援活動をされている“まつぼん“こと
松本雅彦さんです。

セラピストで「不登校のお母さんの会」を
主催する妻のちず子さんとともに、ご夫婦で
支援活動をおこなっているまつぼんさん。

今でこそ不登校について積極的に
発信・活躍されているまつぼんさんですが、
長男が中学一年生で不登校になったとき、
「不登校生の親と見られるのが、
恥ずかしくて情けなかった」
と当時を振り返ります。

起きられない、具合が悪いと訴える長男に、
「仕事も学校も、休むものじゃないんだ」
と、叱咤する日々。
しかし、まつぼんさん自身も
仕事で単身赴任中、
心身に不調をきたすようになります。

朝起きられないし、夜も眠れない。
うたた寝のように眠ったとしても、
見るのは仕事の夢ばかり。

もしかしたら息子も
同じ思いをしているのか……。

自分の心身の状態が、長男にリンクして
感じられたというまつぼんさんは、
単身赴任から戻った後、ちず子さんが
通っている親の会に行くようになります。

「自分たちだけじゃなかった」
という安心感。
「こんな考え方もあるんだ」
という新鮮な思い。

その後、心理学を学んだまつぼんさんは、
「同じように苦しんでいる人たちが
気軽に相談できる場所をつくりたい」
との思いから、会社を辞めて
福岡市内に居場所カフェ
「カフェココ」を開きます。

そこには、楽しそうに働く
長男の姿もありました。

2019年に惜しまれながらもお店を閉め、
2020年には新たに
「不登校支援オフィスここるーむ」を
スタートさせたまつぼんさんとちず子さん。

お子さんの不登校に悩み
苦しむ方々に寄り添った、
今のご活動にいたるまでのお話をうかがい、
同じように夫婦で活動している私たちも
力をいただきました。

まつぼんさん、そしてちず子さん、
本当にありがとうございました。

『雲の向こうはいつも青空』
Vol.7は、来年3月発行予定で進めています。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.7

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA