『雲の向こうはいつも青空』の読書会がもしあるなら参加したい方、いらっしゃいますか?

読書会イメージ

事務局の金子(J)です。

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』
の読書会をしたい!と企んでいます。

せっかくこうして北海道から沖縄まで、
全国のみなさんに読んで頂いているのだから
オンラインの無料会議ツール
「ZOOM」を使ってやってみたいなあ、と。

ご参加のみなさまそれぞれ自己紹介と
『いつも青空』の中で気に入ってる
フレーズや一節を共有した後は、
ざっくばらんに語り合う、という形で。

なかなかお会いできない関東圏以外の方々と
オンラインを通じてお話する、
そんな機会にできたら、と思ってます。

ただ正直、
参加したい方がいらっしゃるのか、
不安に感じている部分もあります。

なので、アンケートをすることにしました。

もし読書会があるなら参加してみたい!
という方は是非、
アンケートにご協力をお願いします。

内容はもちろんのこと、曜日や時間帯など、
開催の際の参考にしたいと思います。

*****

――と、先日の豆マメ通信11月号で
ご案内したところ、早速
嬉しいコメントをいただきました。

雲の向こうはいつも青空を読んでいる方々としかも全国の方々と、お話しできるなんてわくわくします。
うまく伝えられるかどきどきもします。☺️
開催されるようであれば楽しみにしています。(M.M.さん)

ありがとうございます!

是非、あなたの声も聞かせてください。

アンケートに回答いただいた方には、
優先して開催のご案内をします。
引き続きご意見お待ちしています。

こちらから↓↓↓
『雲の向こうはいつも青空』読書会アンケート
https://jp.surveymonkey.com/r/2BP26FQ

金子(J)

Jプロフィール丸

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.3

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA