インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.5 ②渥美素子さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空 』。
Vol.5にご登場いただく、
7名の方々への取材を続けています。

今回インタビューしたのは、
「不登校を考える親の会 熱海」
代表の渥美素子さんです。

小学校時代、先生から求められているのは、
自分の考えよりも「正解を言うこと」
だと気づいた渥美さん。

中学に入り、勉強、部活、塾と
ほとんど自分の自由な時間がない生活と、
生徒を校則で厳しく縛る学校の空気に
どんどん苦しさを感じるようになり、
中一のGW明けから
学校を休みがちになります。

中学から高校に進学しても、
「五月雨登校」
の状態を続けていた渥美さんですが、
大学を卒業した後、
映像ディレクターとして働く中で、
フリースクールの取材をすることに。

その取材を通じて関わった子どもたちから、

「安心できる環境があれば、
子どもたちは輝ける」

ということを、渥美さんご自身が
まさに体感したと言います。

そんな渥美さんに、ご自身が
不登校だったころに感じていたこと、

そして息子さんの不登校をきっかけに
始められた「親の会」の活動について、

「ウワサの保護者会」など、
不登校やひきこもりをテーマにした
番組制作に関わる中で
大切にしていることなど、
じっくりとうかがいました。

インタビューは、親の会の会場でもある
「宮上幼稚園」をお借りしました。
とてもいい空気が流れる、
ほんとうに素敵な幼稚園でした。

インタビュー後はわたしたちも
親の会に参加して、お話もさせていただき、
ありがたかったです。
宮上幼稚園は多様なまなびプロジェクトの
「とまり木」登録もしているそうですよ!

渥美さん、長時間のインタビューに
ご協力いただき、
本当にありがとうございました!

雲の向こうはいつも青空Vol.5は
来年3月の発行を目指して、
インタビューを進めています。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

8月28日開催セミナー「ひきこもり・不登校からの自立」

通信制高校・さくら国際高等学校学園長の荒井裕司さんは、これまで約40年間・数千人の子たちに寄り添ってこられました。
セミナーでは荒井先生の長年のご経験をうかがいながら、ひきこもりがちの不登校の子どもとの接し方について参加者とともに考えます。

少人数制で、感想や意見をシェアしあう時間も用意します。参加者一人ひとりの気づきや学びにつなげられたらと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA