インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.5 ②渥美素子さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空 』。
Vol.5にご登場いただく、
7名の方々への取材を続けています。

今回インタビューしたのは、
「不登校を考える親の会 熱海」
代表の渥美素子さんです。

小学校時代、先生から求められているのは、
自分の考えよりも「正解を言うこと」
だと気づいた渥美さん。

中学に入り、勉強、部活、塾と
ほとんど自分の自由な時間がない生活と、
生徒を校則で厳しく縛る学校の空気に
どんどん苦しさを感じるようになり、
中一のGW明けから
学校を休みがちになります。

中学から高校に進学しても、
「五月雨登校」
の状態を続けていた渥美さんですが、
大学を卒業した後、
映像ディレクターとして働く中で、
フリースクールの取材をすることに。

その取材を通じて関わった子どもたちから、

「安心できる環境があれば、
子どもたちは輝ける」

ということを、渥美さんご自身が
まさに体感したと言います。

そんな渥美さんに、ご自身が
不登校だったころに感じていたこと、

そして息子さんの不登校をきっかけに
始められた「親の会」の活動について、

「ウワサの保護者会」など、
不登校やひきこもりをテーマにした
番組制作に関わる中で
大切にしていることなど、
じっくりとうかがいました。

インタビューは、親の会の会場でもある
「宮上幼稚園」をお借りしました。
とてもいい空気が流れる、
ほんとうに素敵な幼稚園でした。

インタビュー後はわたしたちも
親の会に参加して、お話もさせていただき、
ありがたかったです。
宮上幼稚園は多様なまなびプロジェクトの
「とまり木」登録もしているそうですよ!

渥美さん、長時間のインタビューに
ご協力いただき、
本当にありがとうございました!

雲の向こうはいつも青空Vol.5は
来年3月の発行を目指して、
インタビューを進めています。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

もう不登校で悩まない!おはなしワクチン

びーんずネットのセミナーではおなじみの蓑田雅之さん書き下ろしの一冊、『もう不登校で悩まない!おはなしワクチン』。

「不登校という概念をこの世からなくしたい」との想いから「おはなしワクチン」の活動を始められた蓑田さんですが、全国で続けてきたお話会がこのたび待望の本になりました。

「不登校ってどんなこと?」
「義務教育の大誤解」
「オルタナティブスクールって何?」
「新しい子育ての考え方」

章立てはこの4つ。蓑田さんご自身が一人の父親として、息子さんの子育てや学校選びの中で感じた疑問を丁寧に調べ、考えを深めていらした経緯をやさしい語り口で書かれています。

学校とは何か? 親とは何か? 家庭とは何か? そして教育の目的とは?

突き詰めていく過程でそれまでの子育てに対する価値観が180度ひっくり返る経験をした、という蓑田さん。特に第4章の「新しい子育ての考え方」には目からウロコの思いをされる方々も大勢いらっしゃると思います。
読み終わった時、不登校のその先がきっと明るく見える一冊になると確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA