セミナー開催 発達障がいの子どもとのコミュニケーション

セミナー画像0623

見た目からはわかりにくい、発達障がい。本人にそのつもりはなくても、「努力が足りない」と思われていたり、「親のしつけがなっていない」など、誤った見方や判断をされることも少なくありません。

書籍「わが子と心が通うとき」絵本「ひび割れ壺と少年」の著者・松本純さんは、実際に発達障がいのお子さんの子育てに悩んだ経験をお持ちです。松本さんをお迎えして、発達障がいの家族との向き合い方や効果的な接し方について、トークセッション形式で考えます。
発達障がいやグレーゾーンのお子さんとのコミュニケーションに関心のある方を歓迎します。
少人数でアットホームな雰囲気の中、これまでとは違う新しい気づきのヒントを、みなさんと一緒に楽しく、ゆるやかに探してみたいと思います。

■ゲスト:松本純さん
■日時;2018年6月23日(土)10:00-12:00
■会場:nokutica(ノクチカ) 神奈川県川崎市高津区下作延1‐1‐7
東急田園都市線 溝の口駅、JR南武線 武蔵溝の口駅から徒歩2分
■定員:15名
■参加費:2000円(お一人) ※当日会場でお支払いください。託児はありません。
■主催:びーんずネット
■後援:川崎の親子を考える会

セミナー申込はこちら

 

松本純さん

 

 

 

 

松本 純(まつもと じゅん)

GOODリレーションズ研究所 代表|親業訓練インストラクター
ADHDの息子を持ち、家庭崩壊の寸前までいった母親としての経験を基に、子育てに悩む親たちを支援。親が愛情だと思っていても、子どもに伝わらなければ同じことと語り、親と子の愛情をどう育むか、親子関係の再生に向けて、効果的なコミュニケーションの方法を具体的に伝授している。
著書 書籍「わが子と心が通うとき」絵本「ひび割れ壺と少年」他

雲の向こうはいつも青空

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

セミナー開催 発達障がいの子どもとのコミュニケーション” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 種田啓子 より:

    あかねさん♡
    久々にフェイスブックを覗いたら、びーんずねっとを見つけました!ご主人様にサポートしていただいてるんですね!素敵です
    ブログや講座、講演会の企画など、知らない間に素晴らしいご活躍、ビックリです‼️今度お会いした時、お話聞かせてくださいね‍♀️

  2. beansnet より:

    種田さん

    コメントありがとうございます!
    そうなんです。
    ここ何ヶ月かで色々と始めているんですが、
    まだ諸々お話ししてなかったですね。
    今度お会いしたとき、ゆっくりお話ししたいです。

    金子あかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA