インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.8 國中玲さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。
今年9月発行予定のVol.8の
取材を進めています。

先日お話をうかがったのは
写真家の國中玲さんです。

ソーシャルワーカー、
ハーバリスト(植物療法士)としても
活動している國中さんは、東京都
世田谷区にあるコミュニティカフェ
「楽ちん堂」を運営する
NPO法人ら・ら・らの理事も務めています。

その「楽ちん堂」に来ている一人の
不登校の男の子とともに過ごした日々を
写真集『不登校上等宣言』として発表し、
昨年は世田谷美術館区民ギャラリーで
写真展も開催しました。

実は國中さん自身も不登校・ひきこもりを
経験した当事者でした。

幼稚園の頃から苦手だった集団行動。
中学校の先輩後輩のヒエラルキーに
感じた強烈な違和感。
ずっと表現できなかった本当の思い……。

苦しい日々の中、植物療法を通じて
徐々に癒されていった國中さん。

その後、導かれるように出会った楽ちん堂で
「すべてをユーモアに変える」ことを
学んできたという國中さんは
現在、「写真」と「福祉」を組み合わせた、
「フォトソーシャルワーカー」として、
多彩な活動を続けています。

楽ちん堂で國中さんのお話をうかがった後、
すぐ近くを流れる多摩川の河川敷で、
記念写真を撮りました。

川を渡る風がとても心地よい
5月の夕暮れでした。

國中さん、長時間のインタビューに
ご協力いただき、
本当にありがとうございました。

雲の向こうはいつも青空Vol.8は
今年9月の発行を目指して、
インタビューを進めていきます。

どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA