不登校が私のすべてではない

びーんずネットが発行している
不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。

ご登場いただいているのは
不登校・ひきこもりを経験した人、
その保護者、子ども達に寄り添う人、
そして独自の学びを実践した人。

7人7色の雲と青空の物語を
冊子にしてお届けしています。

今回は不登校テーマ映画
『円(まどか)~CHANGE my life~』
プロデューサーの風芽美空さんの
インタビューの中から
印象的な言葉をご紹介します。

不登校が私のすべてではない

映画『円(まどか)~CHANGE my life~』プロデューサー 風芽美空

小学校三年生で不登校になって以降七年間、義務教育の期間、ほぼ学校に行くことなく十五歳で社会に出た美空さん。

「中卒をハンディと感じたことがない」

と明るく話す彼女は、「不登校をテーマにした映画を作りたい」と映画サークルを立ち上げ、プロデューサーとして映画『円(まどか)~CHANGE my life~』の製作をまとめあげます。

ドラえもんのように押入れに「住んでいた」不登校時代のこと、そして映画製作にかけた思いをうかがいました。

●わずかばかりの運の悪さを……P.6
●押入れに住んでいた不登校の7年間……P.8
●15歳で和食屋さんに就職……P.9
●お金は「応援する気持ち」だと気づいた……P.10

美空さんの言葉から

でもだからといって、不幸とかそういうわけでもなくて、大きなピンチがあったからこそ、生きることのありがたさとか、わかってくれる人の貴重さとか、感謝の心とか……本当の意味で理解できる瞬間があるような気がするんですよね。

たとえ不登校だったとしても、不登校が自分のすべてではないですよね。一部なだけなんで。全部と比べたら、わずかしかなくって。

ついつい未来に対してネガティブになってしまいますけど、でも未来はまだできてないので。

大人に話したところで、私が納得できるような何かがあるとは思えないし。学校に戻す以外の解決なんて、きっとないんだろうと思ったので。

学校に行かないことを「解決したい人」ばっかりで、「私をわかろうとしてくれる人」はいなかったという気はします。

大人は冷たい、社会は冷たいと、それまで私自身どこかでそう思っていました。

でも実際に会って話してみると、こんなにも応援してくれる人がいるんだって。それを目の当たりにすることで、「大丈夫だ」って思えたり、「頑張ろう」って思えたり。それって社会のつながりのひとつというか、生きていくための安心材料になるというか。

なんか一直線につながった気がして。

自分の生きてきた人生とか、経歴とか、これで良かったんだと。本当にそう思います。

 

・・・・・・・・・

 

いかがでしたでしょうか?

ほとんどが映画製作とは無縁の
不登校生、不登校経験者、その保護者と
支援者を、美空さんがプロデューサーとして
束ねて作った不登校テーマ映画
『円(まどか)~CHANGE my life~』。

今週末12月22日(日)、
上映とトークの会を開催します。

残席まだあります!

あなたも美空さんとの
トークの輪に加わりませんか?

お申込はこちらから↓
https://www.facebook.com/events/1700964260035511/

美空さんのインタビューが収録された
『雲の向こうはいつも青空』Vol.1のお求めはこちらから↓
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol1/

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.3

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA