24時間で子育てのイライラを手放し、Happyになる

24時間で子育てのイライラを手放し、Happyになる

かけがえのない子どもとの時間を、
もっと楽しく、
幸せに過ごすことができるようになる
コミュニケーション講座、
「親業訓練一般講座」のご案内です。

伝えたい思いと、選ぶ言葉

もう随分前のことですが……

毎月、第三日曜日の「横浜月例マラソン」を
親子で走っていました。

普段は走ることはおろか、
歩くのすらおっくうな私も、
この日だけは夫と息子と一緒に3キロを走ります。
3キロの回は、
川沿いの直線1.5ロを折り返すコースで、
運動不足の大人が走るのには丁度いい距離。

しかし、これが案外辛い。
毎回、走る度に重たくなるお尻、
ぷるぷる震える下っ腹を感じ、
体型の崩壊に危機感を覚えるのですが、
それはともかく。

3キロコースは親子参加が多いので、
走っているといろんな親子の姿が見られ面白いのです。

ふざけてじゃれ合いながらダラダラ走っている兄弟に、
お母さんが後ろから

「こらあー!ふざけるんじゃない!
最後までちゃんと走る!
そんなふうにふざけてたら、
パパに言うからね!」

必死に走る息子に、
お父さんが並走しながら

「できるできる!
おまえはできる!
ファイトファイト!」

いやだー、もうだめだーとベソをかく子に、
お母さんが

「ゴールしたら冷たい
美味しいアイスクリーム食べようね~
あと少しだよ!」

2~3歳位の子と鬼ごっこしながら
ゴールを目指している親子もいました。

自分が選んでいる言葉を意識してみる

どの親も、
子どもが自分自身の力でゴールをめざし、
完走することを願っているのは同じです。

それを子どもに伝えるために
選ぶ言葉や態度が、それぞれ違う。

私だったら、
この重たい身体にむち打って走っている時に、
どんな風に励まされたら
嬉しいだろうかと考えてみました。

「頑張れ!!
中年の運動不足の身には辛いだろうけど、
とにかく最後まで頑張れ!!」

うーん、微妙だけど、
これなら苦笑しつつも完走できるかな。

「普段走っていないにしては、
いいフォームですよー!
その調子で自分のペースで
行ってみましょう!」

これかな?

これをプロコーチの金 哲彦さんに
並走しながら言ってもらえると、

「え、マジですか♪」

なんていい気になって
ペース上げちゃうかもしれません。

普段、自分が選んでいる言葉を意識してみる、
ということを「親業」では大事にします。

子どもに普段何気なく言っている言葉や、
励まそうと思って使っている言葉を、
例えば自分が言われてみたら、
どう感じるか。

立場を変えて体験してみると、
思わぬ発見があるかもしれません。

24時間で一生の宝を手に入れる

親業訓練一般講座は、
3時間×8回の講座。
計24時間で
親子の効果的な
コミュニケーションの方法を学んでいきます。

24時間。
長い!と思われるでしょうか?

私にとっては、
通っている間は必死だったので、
短く感じたのもありますが、
とにかく、目からうろこの貴重な学び、
体験の時間でした。
たった24時間で一生の宝を
手にしたといっても過言ではありません。
ホントに!

子どもと過ごす時間は、
長いようで短い(はず)。

そのかけがえのない時間を、
イライラして過ごしたくない!
と私は思います。

親業を学ぶ24時間で、
「聞く」「話す」「対立を解く」方法を知り、
実践していけば、

(そう、実践が命!です)

子どもとの時間をもっとハッピーに
過ごすことができるようになるはずです。
そして、
もっと子どもの「ありのまま」を
受け入れることができるようになります。

世の中には、
子育てに効果的なコミュニケーション方法を
学ぶ場所は沢山ありますし、
アプローチも様々です。
その中で、私は「親業」に出会いました。
これも、ご縁なんですね~きっと。

ということで…

5月19日(土)開講の親業訓練一般講座、
現在絶賛申し込み受付中です。笑
お近くの方はぜひ、
5月8日(火)の
「ゆる親業カフェ」にもいらしてください。

疑問・質問などありましたら、
お気軽にメールくださいね。

お待ちしています♪

金子(A)

顔写真丸

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

セミナー『不登校の、その先は?』

「ゲーム三昧」「昼夜逆転」「勉強が遅れる」「ひきこもり」など、色んな言葉が頭に浮かんでしまう。

いくら「見守ることが大事」と理解しているつもりでも、心がザワついてしまって仕方ない。

その理由は、不登校のその先には何があるのかがまったく見えないからです。

だからこそ、「不安の正体」にしっかりと向き合う。

参加者同士で、語り合いながら考えてみる。
そんなセミナーを企画しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA