セミナー開催 学校って本当に必要なの?

学校って本当に必要なの?

子どもたちそれぞれが、大切な個性を持っている。学校だけじゃなく、ひとり一人に合った、いろいろな学び方があっていい。では、それはどんな場所で、どんな風に?

NHK「ウワサの保護者会」1/27放映「シリーズ不登校 学校に行かない学び方」にご出演された蓑田雅之さんをお迎えして、学校へ行くことの意味や、それ以外の学びの可能性についてトークセッション形式で考えます。

教育のあり方、不登校、子どもの多様な学びや親子関係に関心のある方を歓迎します。

小人数でアットホームな雰囲気の中、これまでとは違う新しい視点や気づきのヒントを、みなさんと一緒に楽しく、ゆるやかに探してみたいと思います。

■ゲスト:蓑田雅之さん
■日時:2018年3月17日(土)10:00-12:00
■会場:nokutica(ノクチカ) 東急田園都市線溝の口駅、JR南武線武蔵溝の口駅から徒歩2分 アクセス
■定員:15名
■参加費:2000円(お一人)
■主催:びーんずネット
■後援:川崎の親子を考える会

セミナー申込はこちら

 

蓑田雅之さん

 

 

 

 

蓑田 雅之(みのだ まさゆき)

早稻田大学第一文学部卒業、職業はコピーライター。一般財団法人「東京サドベリースクール」外部理事。現在16歳になる一児の父親。「東京サドベリースクール」に子どもが通うようになって従来の学校教育のあり方に疑問を持ち、教育分野の研究に着手。主に自立した人間を育てるための保護者のあり方を探究する活動を行っている。東京都内、埼玉県ときがわ町、栃木市、日光市等で開かれたお話し会で講演するとともに、「未来の先生展2017」にて「サドベリー教育カフェ」を主催。また、企業向けセミナー「不登校がなくなる おはなしワクチン」を開催し、幼稚園・保育園にもその活動を広げている。

1月28日開催セミナー『「不登校」。ひとりでもう悩まないでください』

子どもが不登校になってからというもの。
夫婦で意見が合わず言い合いになったり、「甘やかしているからだ」「育て方が良くなかったんじゃないの?」などという周囲の心無い言葉に傷ついたり。

「子どもの気持ちを第一に、まずはしっかり寄り添っていこう」

そんなふうに思うけれど、昼夜逆転でゲームやYouTube三昧の子どもを見ていると、そんな決意もロウソクの灯のようにユラユラ揺らいでしまう――そんなことはありませんか?

今回のセミナーは不登校の子を持つ保護者の悩みに日々、寄り添い続けているNPO法人キーデザイン代表の土橋優平さんをゲストにお迎えして、不登校の子どもに必要な「見守り方」とは何かを、参加者のみなさんとともに考えます。

参加者同士で感想や意見をシェアしあう時間も用意しています。参加者一人ひとりの気づきや学びにつながることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA