インタビューしました!雲の向こうはいつも青空Vol.7 山中治子さん

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。
ただいま、Vol.7の取材を進めています。

先日お話をうかがったのは、
日本全国を飛び回りながら
「床が見えないお宅」
のお助けウーマンとして活躍されている、
おかたづけトレーナーの
「はるちゃん」こと山中治子さんです。

4人のお子さんたちが小さいころは毎週末、
保護者仲間で集まっては、
一緒にご飯を食べたり遊んだり。
まさに地域ぐるみで
子育てをしてきたというはるちゃん。

高校2年生の次男が
突然学校で過呼吸を起こし
その後一年間不登校になったとき、

「彼は大丈夫。生きてることが大事」

そう思えたのは、一緒に子育てをしてきた
保護者仲間の支えが大きかったと言います。

その後起業して、これまでに400回以上、
訪問お片づけをしてきたはるちゃんが
いつもお客さんに伝えているのは、
「できたことにマルをする」ということ。

小さな「できたこと」を積み重ねながら、
人は変化していく。

「それは、不登校やひきこもりのことも、
同じじゃないかな。
生きていれば、絶対変われる」

そう笑顔で話すはるちゃんは、この夏、
不登校の親の会の立ち上げに参加して、
親御さんが少しずつ笑顔になっていく
お手伝いも始めています。

これから年末に向けて、
大忙しのはるちゃん、

長時間のインタビューにご協力いただき
本当にありがとうございました。

雲の向こうはいつも青空Vol.7は
来年3月の発行を目指して、
インタビューを進めています。
どうぞお楽しみに!

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

「とりあえずビール。」で、不登校を解決する

「お父さんが不登校を許してくれない」「夫を説得するためには、どうすればいいんでしょう?」――著者の蓑田さんが不登校の親の会やセミナーで出会ったお母さんからの切実な声を受けて書かれたのがこの本です。

「お父さんに向けた、お父さんのための、お父さんが書いた不登校の本」は、おそらく本書が初めてではないでしょうか。

読み進めるうちにタイトルに込められた意味に深く納得いただけることと思います。

「はい、これ、読んでみて」とお父さんに手渡すだけで効果のあるものにしたいと意識して書いた、という蓑田さん。お父さんの気持ちになって、どのように父親は不登校のことを考え、対処していけばいいかということに的を絞り、ロジカルに、丁寧に、そして蓑田さんならではの優しい言葉で書かれているのが本書の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA