本日より予約受付開始『繭の城』(蓑田雅之 著)

みなさま、こんにちは。
びーんずネットの金子あかねです。
新緑が美しい季節を迎えましたね。

さて、本日4月15日より予約受付を始めた
新刊のお知らせです。

『繭の城』(蓑田雅之 著)

『もう不登校で悩まない!
おはなしワクチン』
『「とりあえずビール。」で、
不登校を解決する』に続いて
蓑田雅之さんの3冊目となる書籍です。

不登校・ひきこもりを題材にした
ある家族の物語で、
小説の形で描かれています。

本書の内容

家族と一切の交流を絶ち、
一人で部屋にこもり続けている
16歳の少年ニキア。

いつも天気が荒れる日にやってくる
一風変わった支援団体の女性に、
ニキアは次第に興味を引かれていく。

ドア一枚を隔てた向こう側にいる、
顔を見たこともない「その人」。
彼女の不思議な一人語りを聞くうちに、
ニキアの心に少しずつ変化が生まれ――。

固く閉ざされた少年の心のドアを
そっとノックしてきた「ある人」。
彼女をめぐって静かに大きく進んでいく、
家族の成長と再生の物語です。

 

『繭の城』
◆著者:蓑田雅之
◆定価:2200円(税込)
◆四六判 236ページ
表題作のほか1編を収録
◆発行所:びーんずネット
びーんずネットWEBショップにて販売

お求めはこちらから↓
https://beansnet.thebase.in/items/85334074

※4月18日より順次発送となります。

金子(A)

 

ブログランキングに登録しています。
応援いただけたら嬉しいです。クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

不登校インタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』Vol.9

学校へ行かずにいると、将来どうなるの?
学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの?

もちろん、そこに正解なんてありません。
世の中の多くのものごとと同じように。

でも、
いろんな例を見聞きし、知ることができれば、
不安を和らげるのに役立つのではないか。

そんな思いから
自らも息子の不登校を体験した親である
びーんずネットの二人が、不登校をテーマに
インタビュー事例集を作成しました。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA